開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の関勇介さんが、Student Paper Award Finalistに選出されました。

電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の関勇介さんが、Student Paper Award Finalistに選出されました。

受賞 | 2017年2月 9日


授与の模様授与の模様

電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の関勇介さんが、1月22日~26日、アメリカネバダ州ラスベガスで開催された国際会議「The 30th IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems, MEMS2017」にてStudent Paper Award Finalistに選出されました。

本賞は採択率40%の国際会議「MEMS 2017」で発表された特に優秀な論文に対し表彰されるもので、本会議のTechnical Program Committee(TPC)による厳選な審査・投票を経て最終的に決定されました。本会議の投稿論文数は874件、本論文はその中でも採択率10%の口頭発表に選ばれており、さらに13件のみの今回の賞に選ばれました。

主催者:第30回「IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems」

受賞名:Student Paper Award Finalist

受賞者:電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年 関勇介

論文名:HOOK AND LOOP MICROFASTENER: FLEXIBLE MICROELECTRODES TIED TO A NERVE

論文著者:
電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年 関勇介
電気・電子情報工学系研究員 山際翔太
電気・電子情報工学専攻博士前期課程2年 森川雄介
電気・電子情報工学系特任助教 澤畑博人
環境・生命工学系准教授 沼野利佳
特別顧問・名誉教授 石田誠
電気・電子情報工学系准教授 河野剛士


共著者との集合写真
共著者との集合写真

賞状賞状

ページトップへ