開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > The 2016 International Conference on Advanced Informatics: Concepts, Theory and Application(ICAICTA2016)/4th International Conference of Global Network for Innovative Technology(4th IGNITE)をマレーシア・ペナンで開催しました。

The 2016 International Conference on Advanced Informatics: Concepts, Theory and Application(ICAICTA2016)/4th International Conference of Global Network for Innovative Technology(4th IGNITE)をマレーシア・ペナンで開催しました。

イベント報告 | 2016年8月23日


8月17日(水)~18日(木)、マレーシア・ペナンにあるParkroyal Penang Resort, Penangで、「The 2016 International Conference on Advanced Informatics: Concepts, Theory and Application(ICAICTA2016)と4th International Conference of Global Network for Innovative Technology (4th IGNITE)の合同会議が開催されました。

ICAICTAは、本学情報・知能工学系が主体となり、これまでIEEE及びタイ・ブラパ大学、インドネシア・バンドン工科大学と連携して、今回で第3回の開催に至っているInformatics分野での国際会議で、IGNITEは、本学と、交流協定校であるマレーシア科学大学(USM)が連携して、長岡技術科学大学、国立高等専門学校機構の協力を得て、毎年異なったテーマの下、アレーシア・ペナンで毎年開催している国際会議で、今回で第4回となります。

今回の合同会議は、本学とUSMとの共同主催で開催したもので、マレーシア、タイ、インドネシア、日本から約150名の教職員・研究者及び学生が参加し、約75件の口頭・ポスターによる発表が行われました。

17~18日の研究発表のほか、16日には3名の講師を招いてのチュートリアルセッション、19日には本学のマレーシア教育拠点において、本学教員による空手等の紹介・実演が行われた後、世界遺産となっているペナンの歴史的な町並みを散策する等、日本とマレーシア間の文化的理解の促進に関するプログラムが開催され、多方面に渡り盛況な国際会議となりました。

また、本会議の開催を機に、本学とUSMの教員グループによる共同研究合意書(Tools for Heavy Metal Mitigation: Detection and Removal from the Environment(重金属低減のための手法:環境からの高感度検出と高効率除去))の署名式典及び第10回TUT-USM協議会が開催され、本学及び長岡技術科学大学、国立高等専門学校の事務・技術職員計13名が海外研修活動の一環として、諸行事・会議の開催支援を行いました。

研究発表の様子研究発表の様子

集合写真集合写真

Opening Speech(井上理事・副学長)Opening Speech(井上理事・副学長)

共同研究合意書署名式典共同研究合意書署名式典

ページトップへ