開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

入試案内

ホーム > 入試案内 > アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

工学部入学者受入方針

本学では,豊かな人間性と国際的視野および自然と共生する心を持つ実践的・創造的・指導的能力に加え,高度技術開発能力を備えた国際的に活躍できる上級技術者,持続的発展可能型社会に貢献できる挑戦的技術者を養成するために,特色ある技術科学教育を行うとともに,次の時代を先導する先端的技術科学の研究を行っています。本学では,次のような学生を広く求めます。

  1. 人と自然を愛し,地域社会や国際社会に貢献する志を持つ人
  2. 技術や科学を探究する志を持ち,それらの学習に必要な基礎学力がある人
  3. 自ら積極的に学び,考え,行動し,技術科学の新しい地平を切り拓く志を持つ人

入学者選抜方針(工学部)

第1年次の入学者選抜

一般入試(前期日程)による入学者選抜

修学に必須な数学の科目を中心に,総合的な学力を有する優秀な学生を選抜します。

推薦入試による選抜

(普通科・理数科等)

学校長が責任を持って推薦した普通科・理数科等の学生で,本学での勉学に必要な基礎学力を有し,工学への適性,勉学意欲等を持つ学生を選抜します。

(工業に関する学科等)

学校長が責任を持って推薦した工業に関する学科等の学生で,本学での勉学に必要な基礎学力を有し,工学への適性,勉学意欲等を持つ学生を選抜します。

帰国子女入試による選抜

工学に強い興味を持ち,数学,英語の素養等を含む総合的な学力を有し,国際化に必要なコミュニケーション能力を備えた優秀な学生を選抜します。

私費外国人留学生入試による選抜

工学に強い興味を持ち,数学,理科の素養等を含む総合的な学力を有し,国際化に必要なコミュニケーション能力を備えた優秀な外国人留学生を選抜します。

第3年次(編入学)の入学者選抜

特別推薦入試による選抜

高等専門学校の出身者で,学校長が責任を持って推薦した特に優秀な学生で,次世代のリーダーとしての素質があり,専門分野に対する基礎学力を有する学生で,将来,専門技術者・研究者を目指す学生を選抜します。

推薦入試による選抜

高等専門学校の出身者で,学校長が責任を持って推薦する優秀な学生で,3年次からの修学に必要な基礎学力を有し,専門技術者・研究者を目指す学生を選抜します。

学力入試による選抜

高等専門学校,短期大学等の出身者で,3年次からの修学に必要な基礎学力を有し,応用数学,志望分野に対する専門的知識を持つ優秀な学生を選抜します。

外国人留学生入試による選抜

高等専門学校,短期大学等の出身の「留学」の在留資格を所有する者又は入学後「留学」に変更可能な者で,3年次からの修学に必要な基礎学力を有し,応用数学,志望分野に対する専門的知識を持つ優秀な外国人留学生を選抜します。

社会人入試による選抜

主に高等専門学校,短期大学等を卒業後,社会人としての業務実績を基に更なる専門知識の習得に意欲を持つ優秀な学生を選抜します。

各課程の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

基幹産業を支える先端的技術分野

〔機械工学課程〕

機械工学課程では,機械工学の基盤となる力学,制御,システム工学,材料工学,生産加工学,エネルギー変換工学等の諸学問について基礎的知識を持ち,それらの知識を「ものづくり」に展開できる意欲と能力を持った実践的・創造的・指導的能力を備えた技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • ものづくりに強い関心を持ち,その発展に寄与する意欲がある人
  • 自然科学,数学,情報技術に関する既習内容を理解し,それらを応用したい人
  • 機械工学の知識や技術に強い関心を持ち,機械工学全般について幅広い知識の獲得と,主体的に学ぶ意欲がある人
入学までに履修が望まれる教科・科目等
第1年次 高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試,一般入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語に関しては,下記の内容を身につけていることが望まれます。

数学 数学I,数学II,数学III,数学A,数学Bの知識と論理的思考能力
理科 物理基礎,物理,化学基礎,化学の基礎的な知識
国語・英語 基礎的な読解力,表現力,コミュニケーション能力
第1年次 工業高等学校等から入学を希望する者(推薦入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語および機械工学・材料工学関連の科目に関して高校で学んだ科目の内容を理解していることが望まれます。

第3年次 工業高等専門学校等から入学を希望する者(編入学入試)

各高等専門学校等が定める教育課程に従い,すべての教科・科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。特に,機械工学の授業内容を理解するために,英語,数学などの教養基礎科目並びに各高等専門学校等が定める専門基礎科目に関して理解しておくことが望まれます。
なお,数学に関しては,未履修内容であっても,関数・数列,ベクトル・行列,微分・積分については,入学後に重要となるので基礎的内容を自習しておくことが望まれます。

〔電気・電子情報工学課程〕

電気・電子情報工学課程では,電気・電子情報工学分野の発展を支える電気電子材料やエネルギーシステムなどの基盤技術分野や,集積化した電子デバイスやセンサー分野,無線通信システムや情報ネットワークなどの情報通信技術分野で活躍できる実践的・創造的・指導的能力を備えた技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 電気・電子工学,情報通信工学,物質材料科学に関係する知識や技術に強い関心を持つ人
  • 旺盛な好奇心を持ち能動的で自覚的に勉学に取り組む意欲がある人
  • 技術を科学的にとらえるための数学と物理学の基礎を理解し応用できる人
  • 英語および国語の学習に積極的に取り組み高度な表現力を養おうと考える人
入学までに履修が望まれる教科・科目等
第1年次 高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試,一般入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語に関しては,下記の内容を身につけていることが望まれます。

数学 数学I,数学II,数学III,数学A,数学B,数学活用に関する知識と論理的思考能力
理科 物理基礎,物理,化学基礎,化学に関する基礎的な知識
国語・英語 基礎的な読解力,表現力,コミュニケーション能力
第1年次 工業高等学校等から入学を希望する者(推薦入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語,社会及び電気・電子情報工学関連の科目に関して高校で学んだ科目の内容を理解していることが望まれます。

第3年次 工業高等専門学校等から入学を希望する者(編入学入試)

各高等専門学校等が定める教育課程に従い,すべての教科・科目について,大学での勉学の基礎を履修しておくことが望まれます。
特に,電気・電子情報工学の授業内容を理解するために,英語,数学などの教養基礎科目並びに各高等専門学校等が定める専門基礎科目に関して理解しておくことが望まれます。

〔情報・知能工学課程〕

情報・知能工学課程では,次世代の高度・大規模情報システムのための技術,生命・自然・社会の知に基づく新しい情報科学,およびこれらの応用技術を修得し,あらゆる産業分野において先端情報システムの創造を担うことのできる実践力・創造力・指導力を備えた技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 情報工学・情報通信工学,ならびに情報科学に広く興味を持ち,それらの最先端分野の開拓や応用分野への展開に意欲がある人
  • 自然科学,数学,情報に関する基礎的な知識,論理的思考能力を持つ人
  • 国際コミュニケ-ション能力を身につけ,国内外での活躍を志す人
入学までに履修が望まれる教科・科目等
第1年次 高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試,一般入試)

コミュニケーション能力として相手に自分の考えを説明する力があることが望まれます。各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について大学での勉学の基礎を履修しておくことが望まれますが,特に工学部における授業内容を理解するために,数学,理科,国語,英語に関しては,下記の内容を身につけていることが望まれます。

数学 数学I,数学II,数学III,数学A,数学Bまたは理数数学I,理数数学IIの知識と論理的思考能力
理科 物理基礎,物理,化学基礎,化学,生物基礎,生物の基礎的な知識
国語・英語 基礎的な読解力,表現力,コミュニケーション能力
第1年次 工業高等学校等から入学を希望する者(推薦入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語および情報関連の科目に関して高校で学んだ科目の内容を理解していることが望まれます。

第3年次 工業高等専門学校等から入学を希望する者(編入学入試)

コミュニケーション能力として,相手に自分の考えを説明する力があることが望まれます。各高等専門学校等が定める教育課程に従い,すべての教科・科目について,大学での勉学の基礎を履修しておくことが望まれますが,特に情報・知能工学における授業内容を理解するために,英語,下記の分野の数学及び下記の分野の専門科目に関して理解しておくことが望まれます。

数学 解析,代数,確率
専門 論理回路,プログラミング

持続的発展社会を支える先導的技術分野

〔環境・生命工学課程〕

環境・生命工学課程では,生命科学,応用化学,環境科学分野に関する基礎的知識を持ち,それらの知識を専門として深めることで次世代を支える技術として展開できる意欲と能力を持った実践的・創造的・指導的能力を備えた技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 人類と自然との共存を基盤とする持続可能社会の構築・発展に貢献できる技術者を志す人
  • 生命科学,応用化学,環境科学の分野の先端技術・知識を活用できる技術者を志す人
  • 国際コミュニケーション能力を身につけ,国内外で活躍できる技術者を志す人
入学までに履修が望まれる教科・科目等
第1年次 高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試,一般入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語に関しては,下記の内容を身につけていることが望まれます。

数学 数学I,数学II,数学III,数学A,数学Bの知識と論理的思考力
理科 物理基礎,化学基礎,生物基礎の3科目に加え,物理,化学,生物の中から1科目以上の基礎的な知識
国語・英語 基礎的な読解力,表現力,コミュニケーション能力
第1年次 工業高等学校等から入学を希望する者(推薦入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語の科目に関して十分に習得していることが望まれます。

第3年次 工業高等専門学校等から入学を希望する者(編入学入試)

各高等専門学校等が定める教育課程に従い,すべての教科・科目について,大学での勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。特に,出身学科に関連する専門理工系科目とともに,数学,国語,英語に関して十分に内容を理解していることが望まれます。

〔建築・都市システム学課程〕

建築・都市システム学課程では,建築分野と社会基盤分野の専門技術をバランスよく修得し,都市・地域の建築・社会基盤施設およびそれらをとりまく環境を,将来を見据えてデザインするとともに,それらをシステムとしてマネジメントするための能力を有する実践的・創造的・指導的能力を備えた技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 自然環境,社会システム,地域文化など人間生活に関わる幅広い問題について関心を持つ知的好奇心の豊かな人
  • 建築・社会基盤分野の諸問題の論理的解明について学ぶことのできる基礎力を身につけた人
  • 創意工夫をこらした発想に富み,難しい問題に対しても主体的,積極的に取り組む意欲がある人
入学までに履修が望まれる教科・科目等
第1年次 高等学校普通科等から入学を希望する者(推薦入試,一般入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語,社会に関しては,下記の内容を身につけていることが望まれます。

数学 数学I,数学II,数学III,数学A,数学B,数学活用の知識と論理的思考能力
理科 物理基礎,物理,化学基礎,化学,生物基礎,生物の基礎的な知識
国語・英語 基礎的な読解力,表現力,コミュニケーション能力
社会 地理歴史,公民の基礎的知識と社会的素養
第1年次 工業高等学校等から入学を希望する者(推薦入試)

各高等学校が定める教育課程に従い,すべての教科,科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,工学部における授業内容を理解するために必要な教科である数学,理科,国語,英語および建築学,土木工学関連の科目に関して高校で学んだ科目の内容を理解していることが望まれます。

第3年次 工業高等専門学校等から入学を希望する者(編入学入試)

各高等専門学校等が定める教育課程に従い,すべての教科・科目について,大学で勉学をすすめるために必要な基礎を履修していることが望まれます。
特に,建築・都市システム学における授業内容を理解するために必要な教科である建築学,土木工学の専門科目とともに,数学,理科,国語,英語に関して学んだ内容を理解していることが望まれます。

博士前期課程入学者受入方針

本学では,豊かな人間性と国際的視野および自然と共生する心を持つ実践的・創造的・指導的能力に加え,高度技術開発能力を備えた国際的に活躍できる上級技術者・研究者,持続的発展可能型社会に貢献できる挑戦的技術者・研究者を養成するために,学部から大学院までの特色ある技術科学教育を行うとともに,次の時代を先導する先端的技術科学の研究を行っています。
本学では,次のような学生を広く求めます。

  1. 人と自然を愛し,地域社会や国際社会に貢献する志を持つ人
  2. 技術や科学を探究する志を持ち,それらの学習に必要な基礎学力がある人
  3. 自ら積極的に学び,考え,行動し,技術科学の新しい地平を切り拓く志を持つ人

各専攻の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

基幹産業を支える先端的技術分野

〔機械工学専攻〕

機械工学専攻では,機械工学に関する専門的知識を有し,それらを先進的なものづくりや独創的な機械・装置,システムの開発・設計に応用し得る実践的能力を備えた,国際的に活躍できる上級技術者・研究者,持続的発展社会に貢献できる挑戦的技術者・研究者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 機械工学の基礎を十分に身につけ,この分野の研究に自主的・積極的に取り組む意欲がある人
  • 発想が豊かで,新しい問題に対して積極的に取り組み,社会に貢献する意欲がある人
  • 高いレベルのコミュニケーション能力の獲得に意欲がある人

〔電気・電子情報工学専攻〕

電気・電子情報工学専攻では,電気・電子情報工学の発展を支える材料・プロセス技術,エネルギーシステム,集積電子デバイスおよび情報通信システムなどの技術に精通し,実践的・創造的・指導的な能力,高度技術開発能力を備えた,国際的に活躍できる上級技術者・研究者,持続的発展社会に貢献できる挑戦的技術者・研究者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 材料エレクトロニクス,機能電気システム,集積電子システムおよび情報通信システムのそれぞれの分野で,高度な技術開発能力を備えた国際的に活躍できる高度上級技術者を志す人
  • 旺盛な好奇心を持ち能動的で自覚的に課題研究・解決に取り組む意欲がある人
  • 自然科学の体系を系統的に理解し,それを応用して新しい技術を創造する意欲がある人
  • 英語,国語および専門知識などを駆使した国際的コミュニケーション能力の獲得に意欲がある人

〔情報・知能工学専攻〕

情報・知能工学専攻では,情報・知能工学に関する網羅的かつ専門的知識を有し,それら先進的な基礎技術,ならびに応用システム構築に関する高度な技術開発・設計を行うことのできる実践的・創造的・指導的能力を備えた,国際的に活躍できる上級技術者・研究者,持続的発展社会に貢献できる挑戦的技術者・研究者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 情報技術を基盤とする技術分野で,専門的知識・能力の修得に自律的に取り組む意欲を持ち,創造的・探究的に持続力を持って研究を遂行できる人
  • IT・ICT技術を応用として利用する分野で,先導的な情報技術者として修得した先進情報技術を駆使し,大規模統合情報システムを企画・設計・実装・保守にわたりリーダーとして活躍できる人
  • 人と自然と機械との調和を重視し,語学やコミュニケ-ション能力を有し,国内外でグローバルな視点から物事を判断でき活躍できる豊かな見識を持つ人

持続的発展社会を支える先導的技術分野

〔環境・生命工学専攻〕

環境・生命工学専攻では,環境科学,生命科学,物質科学分野に関する専門的知識だけでなく,その周辺分野についての幅広い学識を備えた実践的・創造的・指導的な能力を備えた,国際的に活躍できる上級技術者・研究者,持続的発展社会に貢献できる挑戦的技術者・研究者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 先端科学や技術を自然との共存を基盤にして人類の持続可能な発展に活用することに強い関心と意欲がある人
  • 物理,化学,生物学の大学学部レベルの基礎を修得し,生命科学,物質科学,環境科学分野の先端的研究,融合研究および応用研究に強い関心と意欲がある人
  • 国際コミュニケーション能力の獲得に意欲的で,グローバルな視点から判断・活躍できる高度技術者・先導的研究者を目指す人

〔建築・都市システム学専攻〕

建築・都市システム学専攻では,都市・地域の建築・社会基盤施設およびそれらをとりまく環境を,将来を見据えてデザインするとともに,それらをシステムとしてマネジメントするための高度な能力を有する実践的創造的・指導的能力を備えた,国際的に活躍できる上級技術者・研究者,持続的発展社会に貢献できる挑戦的技術者・研究者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 自然環境,社会システム,地域文化など人間生活に関わる幅広い問題について関心を持ち,問題解決に貢献しようとする意欲がある人
  • 建築,社会基盤分野の専門技術を修得したもので,この分野の新しい研究と実践に意欲的に取り組む意欲がある人
  • 創意工夫をこらした発想に富み,難しい問題に対しても主体的,積極的に取り組むことができる人

博士後期課程入学者受入方針

本学では,広い視野と柔軟な思考力,豊かな学識を備えた新しい時代を切り拓く研究者,高度上級技術者を育成するため,最先端の研究,技術開発の現状を学び,先端技術・科学のフロンティアを追求します。
本学では,次のような学生を広く求めます。

  1. 人と自然を愛し,地域社会や国際社会に貢献する志をもつ人
  2. 技術や科学を探究する志をもち,修士相当の学力のある人
  3. 自ら積極的に学び,考え,行動し,技術科学の新しい地平を切り拓く志をもつ人

各専攻の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

基幹産業を支える先端的技術分野

〔機械工学専攻〕

機械工学専攻では,機械工学に関する最先端の高度な専門知識と独創性豊かな研究開発能力を有し,それらを安全で快適な社会の維持・発展に役立つ機械システムとして構築できるシステムインテグレーション能力を持ち,国際的なリーダーとして活躍できる高度上級研究者・技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 機械工学に関する十分な知識を有し,この分野の研究に意欲的に取り組もうとする人
  • 発想が豊かで,新しい問題に対しても積極的に取り組み,社会に貢献しようとする人
  • 国際的に通じる,高いレベルのコミュニケーション能力の獲得に意欲的な人
  • 指導的立場になることを認識し,人間的な成長を心がけている人

〔電気・電子情報工学専攻〕

電気・電子情報工学専攻では,電気・電子情報工学の発展を支える材料・プロセス技術,集積電子デバイス,エネルギーシステムおよび情報通信システムなどの技術に精通し,高度な研究・開発能力およびその基礎となる豊かな学識を備えた,電気・電子情報工学分野の新しい時代を切り拓く国際的なリーダーとして活躍できる高度上級研究者・技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 材料エレクトロニクス,機能電気システム,集積電子システムおよび情報通信システムのそれぞれの分野で,高度な技術開発能力を備えた国際的に活躍できる先端的上級技術者を目指す人
  • 旺盛な好奇心をもち能動的で自覚的に課題の探究と解決に取り組み,その結果を発展させようとする意欲を持つ人
  • 自然科学の体系を系統的に理解し,それを応用して新しい技術を創造し,発展させようとする意欲を持つ人
  • 英語,国語および専門知識などを駆使したコミュニケーションの基礎能力をもち,国際的活動に意欲的な人

〔情報・知能工学専攻〕

情報・知能工学専攻では,情報・知能工学分野に関する広範囲にわたる最先端の高度な専門知識と研究開発能力,およびその基礎となる豊かな学識を備え,グローバルな視点でIT・ICTおよびその応用分野の新しい時代を切り拓く国際的なリーダーとして活躍できる高度上級研究者・技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 知的好奇心が旺盛で,幅広い教養知識とIT・ICTに関する専門的な知識を有し,この分野の最先端の研究に挑戦的に取り組もうとする人
  • 豊かな創造力・発想力を有し,新しい問題に対しても積極的に取り組み,学術的な貢献,ならびに社会に貢献しようとする人
  • 国際的に通じる,高いレベルのコミュニケーション能力の獲得に意欲的な人
  • 指導的立場になることを認識し,人間的な成長を心がけている人

持続的発展社会を支える先導的技術分野

〔環境・生命工学専攻〕

環境・生命工学専攻では,環境科学,生命科学,物質科学の高度な研究・開発能力および周辺分野についての幅広い学識を備え,今後の持続的発展社会の構築に求められる先導的な技術開発や医薬・ナノ分野での先端研究開発において活躍できるだけでなく,国際舞台で十分なコミュニケーション能力をもち,世界に対して,高いレベルの研究成果を公表・発信するとともに,国際的なリーダーとして活躍できる高度上級研究者・技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 環境科学,生命科学,物質科学の先端的研究および応用研究に意欲があり修士レベルの知識を修得している人
  • 環境科学,生命科学,物質科学分野での独創的・革新的発見や発明を目指し,国際的先端的技術者・研究者を志す人
  • 国際的に通じる,高いレベルのコミュニケーション能力の獲得に意欲的な人
  • 指導的技術者・研究者として先端的研究を通じて社会への貢献を志す人

〔建築・都市システム学専攻〕

建築・都市システム学専攻では,建築・社会基盤分野における幅広い知識と,高度な実践力を合わせ持つ指導的技術者であると同時に,新しい研究を自ら開拓・遂行することによって,国際的なリーダーとして活躍できる高度上級研究者・技術者の養成を目指しています。そのため,次のような学生を広く求めます。

  • 自然環境,社会システム,地域文化など人間生活に関わる幅広い問題に関心をもち,問題の解決に貢献しようとする人
  • 建築,社会基盤分野の高度な専門的知識を有し,この分野の最先端の研究に意欲的に取り組もうとする人
  • 国際的に通じる,高いレベルのコミュニケーション能力の獲得に意欲的な人・独創的な発想に富み,難しい問題に対しても創意工夫をこらして主体的,積極的に取り組もうとする人

[初版作成]2009.10.1 / [最終改訂]2015.4.27
入試課

ページトップへ