文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 機械工学系 > 山崎 拓也(やまざき たくや)

山崎 拓也(やまざき たくや)

所属 機械工学系
職名 助教
専門分野 燃焼学,火災物理科学,熱工学
学位 博士(工学)(豊橋技術科学大学)
所属学会 日本燃焼学会,日本火災学会 ,日本機械学会
E-mail takuya@me
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.me.tut.ac.jp/ece/wp/
研究者情報(researchmap) 研究者情報

テーマ1:くん焼の燃焼限界の調査

概要

「くん焼」と呼ばれる「炎を伴わず」に緩やかに燃える現象は不意に発生すると消火が難しく,燃焼過程中に煙を含む有毒ガスを発生する.また,周囲の環境が変化する(風が強くなるなど)と火炎を伴う燃焼形態へ変化し,深刻な火災へ発展する原因ともなる.さらに,森林火災においてくん焼が主体となる火災は大規模なCO2排出の一端を担い,地球温暖化の大きな要因であるとされている.くん焼が持続可能な限界条件を調査することは,災害抑制技術の開発と環境問題の対策として重要である.このように重要な課題として認識されているにも関わらず,くん焼に関する理解は十分には進んでいない.なぜなら,安定して実験データを取得することが難しく,データの不足が現象解明の妨げとなっているからである.本研究ではくん焼が酸素の分圧に大きく依存する特性を生かし,低圧場を活用した実験系を活用することで,くん焼の燃焼限界とその燃焼特性の解明に挑戦している.

主な業績

1. T. Yamazaki, T. Matsuoka, Y. Li, Y. Nakamura, "Applicability of A Low-Pressure Environment to Investigate Smoldering Behavior under Microgravity", Fire Technology, Vol.56, (2020)
2. T. Yamazaki, T. Matsuoka, Y. Nakamura, "Near-extinction Behavior of Smoldering Combustion at Highly-vacuumed Environment", Proceedings of the Combustion Institute, Vol.37, (2018).

キーワード

燃焼,くん焼,着火,消炎,低圧

担当授業科目名(科目コード)

機械創造実験,機械工学実験 (B3)


ページトップへ