開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 機械工学系 > 森 謙一郎(もり けんいちろう)

森 謙一郎(もり けんいちろう)

所属 機械工学系
兼務
職名 教授
専門分野 生産加工 / 塑性加工 / 材料加工
学位 工学博士(京都大学)
所属学会 日本塑性加工学会 / 日本機械学会 / CIRP / 日本鉄鋼協会 / 日本金属学会 / 粉体粉末冶金協会
E-mail mori@plast.me
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://plast.me.tut.ac.jp/

研究紹介

軽量自動車部品の加工技術として,直接通電加熱を用いたプレス成形,ホットスタンピング,超高張力鋼板の通電加熱温・熱間スプライン成形,超高張力鋼板の通電加熱温・熱間せん断加工,アルミニウム合金管の熱間ガスフォーミング,鋼管の熱間チューブプレスフォーミング,チタン合金板の通電加熱熱間プレス成形,自動再潤滑をする荷重振動鍛造,アルミニウム合金のダイクエンチ鍛造,セルフピアッシングリベットによるアルミニウム合金板と高張力鋼板の接合,メカニカルクリンチングによるアルミニウム合金板と高張力鋼板の接合,逐次接触パンチによる伸びフランジ割れの防止,逐次接触パンチによる縮みフランジ成形におけるしわの抑制,超高張力鋼板の絞りしごき加工における焼付き防止,超高張力鋼板の穴抜き加工における表面性状の向上,ステンレス鋼板のしごき加工における焼付きの防止,スチールホイールの局部増肉プレス成形,角筒容器のための局部増肉テーラードブランクの板鍛造,マグネシウム合金板の冷間深絞り加工などを開発している.さらに,生産加工プロセスのシミュレーション法として,板材成形,ハイドロフォーミング,スピニング加工,鍛造,圧延,焼結などをシミュレーションする有限要素法,微視的組織を予測するモンテカルロ法を開発している.

テーマ1:超高張力鋼部材のホットスタンピング

概要

自動車の燃費向上を目的として自動車の軽量化が望まれており,超高張力鋼板の自動車部品への適用が重要課題となっている.超高張力鋼板はアルミニウム合金板よりも大きい比強度と低いコストを有しているが,成形技術がまだ確立されていない.超高張力鋼板を成形するため,板材を通電加熱する温・熱間プレス成形法を開発している.通常の高温炉加熱では,温度低下,酸化が問題となるが,板材に直接通電して非常に急速に加熱してこれらの問題点を解決し,成形荷重およびスプリングバックを大幅に低減するとともに,成形品を非常の高強度化している.また,局部を焼入れするテーラードダイクエンチ,温・熱間スプライン成形法,温・熱間せん断加工法,1ショットホットスタンピングなども開発している.

キーワード

プレス成形,超高張力鋼板,温・熱間成形,軽量部品,ダイクエンチ,温・熱間せん断加工,

テーマ2:板鍛造

概要

プレス成形では,板材は主に引張り変形で加工されるため,ポンチ角部付近で減肉する傾向にあり,その部分が強度低下したり,減肉が大きな場合は破断する.この減肉を防止するために,ブランクの局部を増肉する板鍛造法を開発している.

キーワード

冷間プレス成形,板厚分布,増肉

テーマ3:塑性変形を使った接合

概要

セルフピアッシングリベットによるアルミニウム合金板と高張力鋼板の接合,メカニカルクリンチングによるアルミニウム合金板と高張力鋼板の接合,ヘミングによる高張力鋼板の接合を行っている.

キーワード

接合,セルフピアッシングリベット,メカニカルクリンチング,ヘミング

担当授業科目名(科目コード)

生産加工学 (B11620090) / 塑性加工学 (B11620170) / 機械工作法1 (B11530160) / 成形システム工学 (M21620040)

その他(受賞、学会役員等)

高張力鋼板のプレス成形割れおよびしわの抑制
板鍛造による局部増肉テーラードブランクの成形
アルミニウム管および鋼管の熱間ガスフォーミング
セルフピアッシングリベットおよびメカニカルクリンチングによるアルミ合金板と高張力鋼板の接合

受賞等
1) 昭和58年5月 日本塑性加工学会新進賞受賞
2) 昭和60年5月 本多記念会本多記念研究奨励賞受賞
3) 平成4年5月 日本塑性加工学会会田技術奨励賞受賞
4) 平成5年5月 日本塑性加工学会論文賞受賞
5) 平成11年3月 永井学術賞受賞
6) 平成12年3月 日本鉄鋼協会学術記念賞(西山記念賞)受賞
7) 平成16年6月 NAMRI/SME outstanding paper finalist(優秀論文賞)受賞
8) 平成16年6月 NUMIFORM 2004 Awards受賞
9) 平成19年5月 日本塑性加工学会技術開発賞受賞
10) 平成21年5月 日本塑性加工学会最優秀賞会田技術賞受賞
11) 平成21年6月 イギリス機械学会生産部門A M Strickland論文賞受賞
12) 平成22年5月 粉体粉末冶金協会技術進歩賞受賞
13) 平成22年5月 日本塑性加工学会天田賞受賞
14) 平成22年5月 日本塑性加工学会フェロー
15) 平成23年8月 CIRP Fellow
16)平成24年11月 第28回素形材産業技術賞素形材センター会長賞
17) 平成26年6月 日本塑性加工学会技術開発賞受賞
18) 平成26年10月 日本塑性加工学会精密鍛造国際学術賞受賞
19) 平成26年10月 ICTP2014 Best Paper Award受賞


Scopusにおける論文数: 206, Scopusにおける被引用数: 2589 (2012: 249, 2013: 253, 2014: 484)



研究業績
http://www.scopus.com/authid/detail.url?authorId=7406259145


ページトップへ