開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 総合教育院 > 池松 峰男(いけまつ みねお)

池松 峰男(いけまつ みねお)

所属 総合教育院
兼務
職名 教授/学長補佐(学生支援担当)
専門分野 英語学 / 英語教育学
学位 博士(工学)(豊橋技術科学大学)
所属学会 全国英語教育学会 / 関東甲信越英語教育学会
E-mail mineo.ikematsu@las
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究者情報リンク 研究者情報

研究紹介

 研究は言語学の分野に関連する。言語学ではこれまで決定的方法がなかった第二言語(あるいは外国語)習得法のシンプルでかつ効果的な方法論の構築、及び学習者が学習を継続する上で最も重要な「学習動機」を高める方法の検証を目指している。

テーマ1:シンプルな英語教育およびその手法の提案

概要
GTEC (English proficiency test) score vs. script-memorization class average (2-year tracking)

 従前から経験的有効性が認識されていながら、科学的(統計的)裏付けが不十分であるため、英語教育に不可欠な教育方法とは認識されていないスクリプト暗記、音読(朗読)、シャドーイングなどの方法の有効性の検証およびそれらを組み合わせた教育方法を提案していく。
 これまでに高専本科1,2年生に実施したスクリプト暗記とシャドーイングの授業効果をGTECスコアで検証し、スクリプト暗記とリーディングスコア、シャドーイングとリスニングスコアに強い相関があることを見出している。言語習得は年齢が低いほど成功確率は高くなると考えられるため、臨界期を過ぎつつある学習者に対する教育方法を構築する上では、より年齢の高い層での検証が不可欠である。この観点から現在、大学1,2年におけるスクリプト暗記およびシャドーイングを取り入れた教科研究とその検証を計画している。
 上記検証に加え、学習の進行に伴う脳活動変化を計測することにより英語運用能力の向上を定性的・定量的に評価し、学習法の確立を目指している。具体的には光トポグラフィー(OT)等の脳機能可視化手法を用い、英文スクリプト暗記前後の英文読解に伴う言語野血流状態を比較することで暗記が脳機能変化に与える影響を検証することを想定している。

主な業績

◆ 池松峰男
「高専における英語教育のあり方に関する一考察 -スクリプト暗記の効果とクラスデザイン-」茨城高専研究彙報47号, 1-4 (2012).
◆ 池松峰男
「高専における英語教育のあり方に関する一考察(その2) -スクリプト暗記・シャドーイング・筆記指導の効果-」茨城高専研究彙報48号, 1-4 (2013).
◆ Mineo Ikematsu
On English Education in Colleges of Technology in Japan -Present and Future-, 5th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE) 2011, 95-96 (2011).
◆ Mineo Ikematsu
English Education in Colleges of Technology in Japan -Class-Design and Its Results-, 6th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE) 2012, P061 (2012).
◆ Mineo Ikematsu
English Education in Colleges of Technology in Japan -Class-Design and Its Results (2)-, 7th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE) 2013, 25-27(2013).
◆ Mineo Ikematsu
Can Autosuggestion Improve English Proficiency of Japanese College Students?, 8th International Symposium on Advances in Technology Education (ISATE) 2014, 76 (2014).

キーワード

英語教育法、スクリプト暗記、音読、シャドーイング、英語検定試験、脳機能可視化

テーマ2:Language-Specific Cognitive System (LSC-System)の残存検証

概要
LSC-system阻害要がLSC-systemを見えないようにしているのか

 Felixは第一言語(L1)において言語特化認知能力 Language-Specific Cognitive-system (LSC-system)(Chomskyが提案するUGと同義)は臨界期を過ぎるあたりから一般的問題解決能力 Problem-Solving Cognitive system と競合するとした。しかしながらこの事情は第二言語(L2)において不明確であり、検証が必要である。さらにもしLSC-systemが消失することなく機能しており、かつ臨界期後に機能していないように見える理由が何らかの阻害要因によるものであるとすると、その阻害要因の特定と除去によってL2習得にかかる方法論が刷新される可能性がある。
 先行研究においてLSC-system阻害要因としていくつかを提案しているが、先ずKrashenが提唱し、直感的にも容易に理解が可能なAffective Filter (motivation) を取り上げ、この要因の除去がL2習得に影響を及ぼすか否かを検証する。
 除去方法としては例えば自律訓練法を用い、検証には検定試験によるパフォーマンス評価と光トポグラフィー(OT)や事象関連電位(ERP)計測法等の脳機能可視化手法を用い、左右脳の言語処理割合の変化やWernicke野におけるL1/L2機能分担変化、ERPピークの出現時間の変化等によって評価することを想定している。
 本方法は第二言語及び外国語習得法の開発にとどまらず、一般的学習法への展開も可能である。

主な業績

◆ 池松峰男
「LSC(Language-Specific Cognitive)-System仮説について」茨城高専研究彙報46号, 11-16 (2011).

キーワード

言語特化認知能力、問題解決能力、情意フィルター、脳機能可視化

担当授業科目名(科目コード)

英語ⅠB(B1033002b) / 英語特別演習(B1043703k) / 英語ⅤB(B1033010g) / 英語ⅡB(B1033004b) / 英語ⅥA(B1033011k) / 英語ⅥB(B1033012g) / 言語と文化Ⅱ(B10233300) / 応用言語学(B1023358) / 応用言語学(M2033051)

その他(受賞、学会役員等)

【資格】公害防止管理者水質第一種


ページトップへ