文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 情報メディア基盤センター > 上野 未貴(うえの みき)

上野 未貴(うえの みき)

所属 情報メディア基盤センター
兼務
職名 助教
専門分野 感性情報処理, ヒューマンエージェントインタラクション
学位 博士(工学) 大阪府立大学
所属学会 計測自動制御学会,システム情報制御学会,人工知能学会
E-mail ueno@imc
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください

研究紹介

人が心情や認知した状況をどのような過程で考え表現するのかを,工学的に解き明かすことを目指しています.
特に近年は,人が感情や状況を画像と自然言語により表現した創作物を対象にし,
創作活動の支援および人工知能分野の研究に資する,メタデータ構築とデータへの機械学習手法の適用を進めています.

テーマ1:深層学習による 4 コマ漫画のストーリー解析用データセット及びフレームワークの開発

概要
創作者と人工知能(AI)

4 コマ漫画は形状と長さが一定である こと,日常で起こり得るあるいは架空の人が考え得るストーリーが明瞭に表現されるため,
貴重な創作物であると同時に工学で扱う良質なデータとも考えられます.
計算機がストーリーを理解することができれば,人と共生する技術の発展に役立ちます.
4 コマ漫画のストーリーを構成する重要な要素である,コマの感情と順序を深層学習で識別する手法を提案しています.

JST 戦略的創造研究推進事業 ACT-I 研究テーマ
「深層学習による 4 コマ漫画のストーリー解析用データセット及びフレームワークの開発」

キーワード

深層学習,4 コマ漫画,ストーリーデータセット,創作過程

テーマ2:知的創作物の解析と自動生成のための絵の工学的モデル化の研究

概要
2 コマ漫画自動生成システム

絵は国籍や年齢に依存せず直感的に理解でき,情報を強調,省略するなど,多様な表現が可能なコミュニケーション手段です.
しかし,絵は意図的にデフォルメされているために,計算機で意味的情報を扱うことが非常に困難です.
そこで,漫画や絵本など時系列的発展がある絵に着目して,絵の構成要素を基本的な要素に分けることで,絵の表現方法とストーリーの相関を抽出することを試みています.
また,逆にユーザの入力に基づいて絵の要素を組合せることで 2 コマ漫画を自動生成するシステムを構築するなど,絵の解析と生成の両面から研究を進めています.

・絵を用いた対話システムの研究(2012 年 2 月 堺で科学 サかイエンス2012 にて展示)
・描画時に適したアニメーションを付与するシステム(出版社と共同研究,文部科学省シンポジウムで発表)

キーワード

絵モデル,漫画自動生成, 感性情報

テーマ3:質問集合とグラフに基づくプロット創作支援システムの開発

概要
創作支援システム

プロットはあらゆるストーリーの根幹となるものですが,考えるためには多大な時間を要します.
また,工学的に人がストーリーを作成する過程を明らかにするために,創作中のデータを保持する必要があります.
本研究では複数の質問集合に入力された情報を連携して可視化し,
ユーザと対話的にプロットを創作する創作支援システムを開発しています.
システム利用時の情報と完成作品の解析により,人がプロットからストーリーを考える過程を解析しています.

創作者の方との研究: 創作者と人工知能研究者のコラボレーション

キーワード

プロット作成,創作過程,創作支援

担当授業科目名(科目コード)

ソフトウェア演習IV

その他(受賞、学会役員等)

以下,主なものを示す.

[受賞]
2016 年 人工知能学会全国大会 優秀発表賞 受賞
2013 年 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 優秀発表賞受賞
2012 年 大阪府立大学 中百舌鳥賞 受賞
2012 年 計測自動制御学会関西支部・システム制御情報学会 優秀発表賞受賞

[学会委員]
2017 年人工知能学会全国大会 委員
2016 年人工知能学会全国大会 委員

[講演]
「『進取 敢為 独創』の先」, 基調講演, 京都市立西京高等学校, 2017 年 2 月 25 日
「大学教育でのeラーニングの取り組み」, eラーニング アワード 2016 フォーラム, 御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター,2016 年 10 月 27 日
「TUT. コンテンツ作成・配信環境紹介」,eラーニング高等教育連携(eHELP)全体会議, 2016 年 8 月 10 日

[講座]
豊橋技術科学大学 オープンキャンパス 「コンピュータでアニメをつくろう」 (2015 年 8 月, 2016 年 8 月, 2017 年 8 月, 2018 年 8 月(予定))
TUT.Jr 技術科学教育プロジェクト「学びたいと思わせる e-Learning プログラミング教材の開発」(2015 年 8 月, 2016 年 8 月, 2017 年 8 月, 2018 年 9 月(予定))

[報道]
朝日新聞 紙面: 2018 年 6 月 1 日夕刊 7 面 「AI 4 コマ漫画挑戦」, デジタル版: 2018 年 2018 年 6 月 5 日 「将来は漫画家? 4コマ考えるAI、まだ初心者ですが…」
東日新聞 紙面: 2018 年 5 月 3 日 11 面, デジタル版: 2018 年 5 月 3 日: 「創作活動を支援する人工知能の研究」


ページトップへ