開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 環境・生命工学系 > 梅影 創(うめかげ そう)

梅影 創(うめかげ そう)

所属 環境・生命工学系
兼務
職名 講師
専門分野 分子生物学 / RNA工学 / 蛋白質工学 / ファージ工学
学位 博士(生命科学)(東京大学)
所属学会 分子生物学会 / RNA学会 /生命の起源および進化学会 / 農芸化学会 / 組織培養学会/高分子学会
E-mail umekage@ens
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://rna.ens.tut.ac.jp/umekage.html

研究紹介

RNA工学や蛋白質工学などを駆使した再構成的手法によって生命の基本原理の解明を目指します。また、進化工学的手法を利用したRNA医薬品の開発を行っています。

テーマ1:生命の定義を考える

概要
油層に浮かんだ直径数マイクロメートルの微小液滴(生命のゆりかご)

ウイルスやファージを試験管内で自己再構成する系が一部で確立されています。この系を用いて、ウイルスやファージの創発原理について検証します。この検証を通して、地球上での生命、あるいは非生命の定義について考察します。

キーワード

生命、非生命、自己組織化、ファージ

テーマ2:性の起源

概要
The Creation of Eve

「どのような経緯で性が出現したのか」、あるいは「どのような経緯で性を創発する装置が創出されたのか」を遺伝子の水平伝播や相同組換えなどの現象を基に考察します。

キーワード

水平伝播、相同組換え

テーマ3:進化について考える

概要

雑多な集団から特定の機能や役割を持つ個を機械的に名指しすることができる「ダーウィン進化を超越した神の手」を創ります。この手技を駆使して進化の意味、意義などについて考察します。また、次世代シーケンサーを用いた進化の網羅的可視化も検討しています。

キーワード

アプタマー、SELEX、次世代シーケンサー

担当授業科目名(科目コード)

環境・生命工学実験
生命科学
生命科学特論
生命物質特別講義

その他(受賞、学会役員等)

人工生命の構築
RNAとペプチドの共進化原理
バクテリオファージが宿主内で自己増殖を行うために必須な宿主因子の同定
リボザイムの開発
バクテリオファージを利用したドラッグデリバリー技術


ページトップへ