開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 環境・生命工学系 > 岩佐 精二(いわさ せいじ)

岩佐 精二(いわさ せいじ)

所属 環境・生命工学系
兼務 エレクトロニクス先端融合研究所
国際教育センター
職名 教授
専門分野 有機合成化学 / 有機金属化学
学位 工学博士(千葉大学)
所属学会 日本化学会 / アメリカ化学会 / 有機合成化学協会 / 近畿化学会
E-mail iwasa@ens
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://siorgchem.ens.tut.ac.jp/

研究紹介

酵素に代表される分子認識機構は特定の分子のかたちを完璧なまでに把握する。このような分子空間の人工構築とその技術的応用を目的として、本研究では様々な金属の特性を活かした実用的な環境にやさしい不斉触媒反応や不斉分子認識場の開発を目指している。一方、自然界に存在する生理活性有機化合物は悠久の時を経て極めて精緻に設計され、生命の営みに計り知れない影響を及ぼしており、その驚異のメカニズムは分子構造を自由に創造できる技術を獲得することによって次第に明らかになってきた。本研究では分子の離合を自在に操り、重要な生理活性物質の最短経路による全合成を行うことを目的として研究を行っている。

テーマ1:触媒的不斉反応の開発

概要
図1.触媒的不斉分子内シクロプロパン化反応とその応用

将来、医薬品のほとんどが光学活性化合物になると予想されていることから極微量の不斉源を用いて大量の光学活性物質を合成するための技術開発が急務であるといわれています。このような背景から高純度の光学活性物質の実用的合成を目的として、金属および不斉配位子によって形成される不斉環境場の精密な設計を行い、触媒的不斉反応の開発を行っています。具体的には、水相におけるシクロプロパン化反応や1,3-双極環化付加反応などの触媒的不斉反応においてほぼ完全な光学純度の有機化合物を提供する触媒系を見いだしました。さらに炭素金属結合を含む新しい触媒系へと展開しています。

キーワード

不斉配位子、触媒的不斉反応、シクロプロパン化反応、1,3-双極環化付加反応

テーマ2:触媒的酸化反応の開発と応用

概要
図2.触媒的過酸化水素酸化反応

有機物質の酸化反応は最も重要な物質変換方法の一つであり、現在までに様々な酸化剤の開発が行われファインケミカルの生産に広く応用されてきました。しかしながら既存の酸化剤の多くは有機または無機酸化剤であり、原理的に酸化後に酸化剤の還元副生成物が等量生成します。理想的な酸化剤は、特に酸素酸化系では有効活性酸素含有量の高い物質であると同時に反応後に副生成物が無害であるかまたは水のみであることが理想的です。本研究は過酸化水素の高い有効活性酸素含有量に着目し、遷移金属触媒によって酸化剤として活性化し、高効率的でかつ選択的な触媒的過酸化水素酸化反応の開発を目的として行っています。具体的には、新規ルテニウム系触媒を用いてフェノール類、芳香族化合物、ヒドロキサム酸等の効率的な酸化酸素酸化反応を確立しました。

キーワード

過酸化水素、遷移金属、キノン、触媒的酸化反応

テーマ3:新規分子センサーの開発

概要
図3.分子イメージング

有機合成化学を基盤とする高効率的合成法の開発は多様な有機分子をあらゆる分野へ提供します。本研究では、当研究室で開発された触媒反応を含む様々な合成方法論を分子センサーの開発や分子イメージングのための機能性分子としてデザインし、合成・試験を行っています。具体的には残留農薬分子センサーの開発や生体内の特定分子の分子イメージング開発に寄与しています。(図3:特定生体内分子が有機分子により認識され発色している様子)

キーワード

分子センサー、分子イメージング

担当授業科目名(科目コード)

基礎有機化学I(B14510090) / 基礎科学技術英語II (B14510040) / 有機合成学
(B14630130) / 環境・生命工学演習Ⅰ (B14600030(iwasa)); /環境・生命工学演習Ⅱ (B14622010iwasa)/有機合成学(B14630130)/分子機能化学特論Ⅰ (D34030060)/応用有機化学特論 (M24630270)


ページトップへ