開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 環境・生命工学系 > 伊津野 真一(いつの しんいち)

伊津野 真一(いつの しんいち)

所属 環境・生命工学系
兼務
職名 教授/学長特別補佐(目標・評価担当)
専門分野 有機反応化学 / 高分子反応化学 / ペプチド配列設計
学位 工学博士(東京工業大学)
所属学会 日本化学会 / 高分子学会 / American Chemical Society / 有機合成化学協会
E-mail itsuno@ens
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://material.tutms.tut.ac.jp/STAFF/ITSUNO/index.html

研究紹介

光学活性なアルコールやアミンなどの有機化合物は、医薬品や天然物などの合成原料として非常に重要な物質である。これらをより効率的に合成するための有効な方法として、不斉合成法(光学活性体だけを選択的に作る合成法)の開発に取り組んでいる。一方、ポリスチレンなどの高分子に結合させた(ポリマーサポート型)触媒を不斉反応に使うと、触媒の分離、回収が容易になり、反応の自動化、またコンビナトリアル化学への応用が可能となる。「高分子の網目の中」という特異な環境下での不斉反応は通常の溶液反応ではみられない興味深い反応性や選択性を示すことがわかってきた。

テーマ1:高分子固定化型キラル触媒の設計

概要

光学活性なアルコールやアミンなどの有機化合物は、医薬品や天然物などの合成原料として非常に重要な物質である。これらをより効率的に合成するため、種々の不斉反応の開発に取り組んでいる。一方、ポリスチレンなどの高分子に結合させた(ポリマーサポート型)触媒を不斉反応に使うと、触媒の分離、回収が容易になり、反応の自動化、またコンビナトリアル化学への応用が可能となる。「高分子の網目の中」という特異な環境下での不斉反応は通常の溶液反応ではみられない興味深い反応性や選択性を示すことがわかってきた。右図は水中での反応に用いることができ、高活性を示す高分子キラル触媒の例である。

キーワード

高分子触媒、不斉反応、光学活性化合物

テーマ2:第四級アンモニウム塩生成重合

概要

天然高分子の多くが光学活性であり、光学活性に基づく高次構造の形成とそれに伴った様々な高度な機能発現が可能になっている。光学活性高分子の合成法開発は不斉反応の高分子反応場としての利用をはじめ、高分子材料分野できわめて重要な課題である。しかし光学活性高分子を容易にかつ望みの構造を自在に合成する方法は開発されていない。本研究テーマは、光学活性第三級ジアミンとジハライドとの反応を基盤とする第四級アンモニウム塩生成型高分子合成法の開発である。この重合法では、重合触媒など必要なく、きわめて容易に光学活性高分子が得られ、様々なモノマーの組み合わせが可能であり、高分子の物性を詳細に制御することができる。得られた高分子は高分子不斉触媒としての機能のほかにもさまざまな用途が期待される。

キーワード

第四級アンモニウム塩、光学活性高分子

テーマ3:ペプチドのアミノ酸配列と二次構造

概要

Anfinsenらは1961年、タンパク質の構造情報がそのアミノ酸配列(一次構造)に書き込まれていることを明らかにした。しかし、それ以来「この構造情報がどのように一次構造に書き込まれているか」は解明されていない。我々の方法では、タンパク質の二次構造を44種類の「構造機能」を用いてモデル化し、これらの構造機能にアミノ酸残基を帰属すると、二次構造情報が、アミノ酸残基における構造機能の出現確率として統計的に解析できるようになる。この理論を用いると、任意の配列を持つペプチド鎖について、動的二次構造を議論することができる。例えば右の図のアミノ酸配列がα-ヘリックスを形成しやすいことを示すことができた。

キーワード

タンパク質、二次構造、ペプチド

担当授業科目名(科目コード)

基礎有機化学 I (B14510090) / 基礎科学技術英語III (B14530010/有機物質化学I (B01511100) / 高分子反応学 (B01521340) / 物質工学演習IV (B01510490) / 物質科学技術英語 ( 151107) / 高分子有機化学特論(M24630250)


ページトップへ