開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 電気・電子情報工学系 > 針谷 達(はりがい とおる)

針谷 達(はりがい とおる)

所属 電気・電子情報工学系
兼務 先端農業・バイオリサーチセンター
未来ビークルシティリサーチセンター
職名 助教
専門分野 プラズマプロセス / カーボンナノ材料 / 再生可能自然エネルギー
学位 博士(工学) 高知工科大学
所属学会 応用物理学会 / 電気学会 / 表面技術協会
E-mail harigai@ee
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.pes.ee.tut.ac.jp/

研究紹介

(1)プラズマ技術を応用した炭素材料の合成と評価,および(2)再生可能自然エネルギーの有効利用に関する研究を行っています。

テーマ1:プラズマ技術を応用した炭素材料の合成と評価

概要

炭素は結晶構造の違いにより、グラファイトやダイヤモンドといった特性の異なる材料になります。炭素から構成される材料は、電気的・機械的・化学的特性のいずれか、もしくは複数において非常に優れた特性を示します。現在では、炭素材料の持つ機械的強度の高さから、主に機械分野において応用が進んでおり、今後は電気分野等への応用も期待されています。また、プラズマ技術を利用することで、容易にナノサイズの材料合成が可能です。本研究室では、真空アークプラズマを応用し、高硬度・低摩擦などの優れた特性を有する、高密度水素フリーダイヤモンドライクカーボン薄膜の合成を行っています。

キーワード

プラズマプロセス,PVD,CVD,アモルファスカーボン,DLC,薄膜,コーティング

テーマ2:再生可能自然エネルギーの有効利用

概要

再生可能自然エネルギーのひとつが,太陽光発電によるエネルギーです。小規模から大規模まで太陽光発電施設は急速に普及しています。太陽光発電施設の普及にともない,電力系統や施設メンテナンスなどに新たな課題や要求が生じています。これらを解決する方法として,太陽電池を使ったセンサデバイスの開発や太陽光発電量予測システムの実現に向けた研究を行っています。

キーワード

再生可能エネルギー,自然エネルギー,太陽電池,太陽光発電,日射計,太陽光発電量予測

担当授業科目名(科目コード)

電気・電子情報工学実験I
電気・電子情報工学実験II


ページトップへ