開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 電気・電子情報工学系 > 坂井 尚貴(さかい なおき)

坂井 尚貴(さかい なおき)

所属 電気・電子情報工学系
兼務 未来ビークルシティリサーチセンター
職名 助教
専門分野 アンテナ・伝搬/高周波回路/ワイヤレス電力伝送/電気自動車
学位 工学博士(豊橋技術科学大学)
所属学会 電子情報通信学会,電気学会,IEEE
E-mail sakai@ee
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.comm.ee.tut.ac.jp/we/
研究者情報リンク 研究者情報

研究紹介

電波は目には見えないのに、そこに在る不思議な力です。この力は私たちの生活に大きな恩恵をもたらしています。例えば、携帯電話、電子レンジ、最近では車の衝突防止センサにも使われています。私はこの力に魅力され「私たちの生活に活かせないか。生活を豊かにできないか。」を日々考えています。今、私は電波を作り、制御するアンテナの研究、電波のゆらぎを使った無線秘密鍵の研究、そして電波技術を活用したワイヤレス電力伝送の研究、を日々進めています。

テーマ1:非線形デバイス測定システム

概要
オシロスコープを用いた非線形デバイス測定システム

ダイオードやトランジスタ等の半導体素子に,高周波・大電力を入力した時の振る舞いを測定する非線形デバイス測定システムの研究を行っています.
特に,無線電力伝送でよく用いられるMHz帯,1kW以上と,従来技術では測定困難な帯域・電力で駆動する半導体素子の測定に力を入れています.
測定結果から,半導体素子の回路解析モデルを構築し,大電力回路設計に役立つツールづくりを目指しています.

キーワード

非線形デバイス,測定器,高調波,高周波,大電力,パワーエレクトロニクス

テーマ2:走行中車両への非接触給電技術

概要
電化道路を走行するバッテリーレス電気自動車

走行中の電気車両への非接触給電技術を研究しています。
"電界結合"という技術に将来性を確信し、日夜研究開発を進めています。
また、RF電力を送るために必要なパワーエレクトロニクス機器も研究対象とし、"RFインバータ回路"、"自動整合回路"、"RF整流回路"などを研究開発しています。

キーワード

無線電力伝送、電界結合、走行中給電

担当授業科目名(科目コード)

電気・電子情報工学実験II


ページトップへ