開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 電気・電子情報工学系 > 石山 武(いしやま たけし)

石山 武(いしやま たけし)

所属 電気・電子情報工学系
兼務
職名 准教授
専門分野 光・電子材料工学
学位 博士(工学)(筑波大学)
所属学会 応用物理学会
E-mail ishiyama@ee.
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.photon.ee.tut.ac.jp/index.html

研究紹介

 半導体をはじめとする光・電子材料において、原子レベルでの制御により、新しい特性を持つ物質や構造を見出すための研究を行っています。さらに、そのような新しい機能材料のナノスケール化により、新しい光物性や電子物性を有するナノ構造体を創製し、ナノフォトニクス、ナノエレクトロニクス分野へ応用することを目指しています。

テーマ1:シリコン系発光材料の研究

概要
SiナノロッドのSEM像

 エレクトロニクスの基盤材料であるシリコン(Si)をベースとした、赤外発光材料の開発を行いっています。Si基板上にSiを含む化合物を発光層として形成し、Si結晶の励起エネルギーにより高効率発光させ、Si電子回路上で動作する光電子融合デバイス素子としての応用するための研究を行っています。さらにそれらのナノ構造化により、赤外だけでなく可視領域でも発光する新しいナノフォトニクス材料の創製を目指しています。

キーワード

シリコンフォトニクス 光電子融合デバイス ナノ構造

テーマ2:酸化物半導体ZnOの発光制御とナノ構造への応用

概要
ナノホールテンプレート

 酸化亜鉛(ZnO)はバンドギャップが3.3 eV、励起子結合エネルギーが60 meVと大きく、また、資源的にも豊富で環境負荷も低いため、可視から紫外域での新しい発光材料として期待されています。そのようなZnOの発光波長を可変させ、様々な色で発光させる技術を開発するとともに、そのナノ構造への応用を研究し、新しい酸化物ナノフォトニクスの実現を目指しています。

キーワード

酸化亜鉛 酸化物ナノフォトニクス

担当授業科目名(科目コード)

電気回路Ⅲ 電磁波工学演習 光機能材料学 材料エレクトロニクス論


ページトップへ