文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 情報・知能工学系 > 石田 好輝(いしだ よしてる)

石田 好輝(いしだ よしてる)

所属 情報・知能工学系
兼務 人間・ロボット共生リサーチセンター
安全安心地域共創リサーチセンター
職名 教授/情報・知能工学
専門分野 免疫型システム、システムAI / 複雑系 / 記憶と推論
学位 工学博士(京都大学)
所属学会 日本工学会 / 計測自動制御学会 / 電子情報通信学会 / 情報処理学会 / KES / ACM
E-mail ishida@cs
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.sys.cs.tut.ac.jp/
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究テーマ(シーズ4)
情報ネットワークを用いた知識・知能情報処理

研究の技術分野 情報・通信
研究の段階・状況 A3 基礎開発研究の段階
キーワード ゲーム理論 自律分散システム  自己修復ネットワーク 利己的エージェント 情報ネットワーク
提案者 石田 好輝  情報・知能工学系
連絡先 Tel : 0532-44-6895
Fax : 0532-44-6895
E-mail: ishida@cs ※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
URL : http://www.sys.cs.tut.ac.jp

ネットワーク上での知能情報処理は、利己的なエージェントにより自律分散的に行われるべきである。その際ネットワークへの様々な操作は「両刃の剣」となりうる。本研究では、情報ネットワークのクリーン化問題を取り上げ、いかなる場合にネットワークをクリーンにしうるかを理論的および計算機シミュレーションにより明らかにして、自律分散処理によるロバストで知能的なシステムを考究する。

主要な研究設備等

シミュレーション用計算サーバおよび解析ツール、モバイルエージェント構築・展開システム

基本となる特許・開設記事・研究論文等

Y. Ishida, ``Networks as Complex Systems: A Self-Repair and Regulation Model,
Y. Ishida and T. Mori, ``Spatial Strategies on a Generalized Spatial Prisoner's Dilemma,'' Journal of Artificial Life and Robotics, Volume 9, Number 3, pp. 139 - 143, 2005.

実施可能な共同研究の形態

共同研究の実施形態          :主に大学で実施
大学への研究員等の受入        :可能
企業への専門家等の派遣(不定期を含む):可能


ページトップへ