文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 情報・知能工学系 > 石田 好輝(いしだ よしてる)

石田 好輝(いしだ よしてる)

所属 情報・知能工学系
兼務 人間・ロボット共生リサーチセンター
安全安心地域共創リサーチセンター
職名 教授/情報・知能工学
専門分野 免疫型システム、システムAI / 複雑系 / 記憶と推論
学位 工学博士(京都大学)
所属学会 日本工学会 / 計測自動制御学会 / 電子情報通信学会 / 情報処理学会 / KES / ACM
E-mail ishida@cs
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.sys.cs.tut.ac.jp/
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究テーマ(シーズ3)
免疫系に基づくバイオインフォーマティックス

研究の技術分野 医療・福祉 バイオテクノロジー
研究の段階・状況 A3 基礎開発研究の段階
キーワード 免疫情報学 バイオインフォーマティックス  多様性 変異種 薬剤耐性
提案者 石田 好輝  情報・知能工学系
連絡先 Tel : 0532-44-6895
Fax : 0532-44-6895
E-mail: ishida@cs ※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
URL : http://www.sys.cs.tut.ac.jp

多様性の導入が困難な微分方程式によるモデルだけでなく、多様性が自然に導入でき、HIV、免疫細胞などの相互作用のダイナミクスが明確に記述できる格子モデルを研究し、同モデルのマルチエージェントシミュレータを開発してきた。どうモデルおよびシミュレータの投薬戦略、創薬戦略、医療への応用を行う。

主要な研究設備等

格子モデルによる変異シミュレータ、シミュレーション用計算サーバおよび解析ツール、エージェントシステム構築ツール

基本となる特許・開設記事・研究論文等

Y. Ishida, ``Asymmetric Wars between Immune Agents and Virus Agents: Approaches of Generalists versus Specialists,
Y. Ishida, ``A Stability and Diversity Analysis on A Mathematical Model of the Interaction between HIV and T-Cell CD4+,' in X. S. Gao and D. Wang ed., Computer Mathematics, Lecture Notes Series on Computing Vol. 8, pp.276-279, 2000.

実施可能な共同研究の形態

共同研究の実施形態          :大学と企業の両方で実施
大学への研究員等の受入        :可能
企業への専門家等の派遣(不定期を含む):可能


ページトップへ