豊橋技術科学大学

検索

Search

中野 裕美(なかの ひろみ)

所属 教育研究基盤センター
兼務 ダイバーシティ推進センター
応用化学・生命工学系
職名 教授
専門分野 無機材料, 組織・構造解析
学位 博士(工学) 豊橋技術科学大学
所属学会 日本学術会議連携会員/日本セラミックス協会/粉体工学会/日本顕微鏡学会/日本材料学会/応用物理学会/
E-mail hiromi@crfc
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.crfc.tut.ac.jp/nakano/index.html
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究テーマ(シーズ1)
セラミックス材料の組織・微構造解析による機能発現メカニズムの解明

研究の技術分野 エンジニアリングセラミックス、エレクトロセラミックス、ほか
キーワード 微構造、物性、透過型電子顕微鏡、組織解析、キャラクタリゼーション
提案者 中野裕美
連絡先 0532-44-6606
hiromi@crfc.tut.ac.jp

セラミックス材料において、電気伝導度、熱伝導度、強度、曲げ強度等の物性は、微構造と密接に関連して発現する(Fig.1)。このため、組織・微構造解析を正確な手法を用いてナノスケールで行うことにより、機能発現メカニズムの解明ができる。なぜ思ったような物性が得られないのか?なぜこのような新機能が発現したのか?など、新たな知見を得て、材料設計やプロセスにフィードバックさせることにより、ブレークスルーが期待できる。

Fig.1 HRTEM image of ZnO-Al grain boundary

主要な研究設備等

透過型電子顕微鏡
走査型電子顕微鏡
X 線回折

基本となる特許・開設記事・研究論文等

“Microstructure of alumina produced by millimeter-wave heating” H. Nakano, H. Nakano, Y. Makino, S. Sano, J. Alloys and Compounds, 457(2008) 485-489.
“Orientation dependence of transport property and microstructural characterization on Al doped ZnO ceramics” H. Kaga, Y. Kinemuchi, H. Yilmaz, K.Watari H. Nakano, H. Nakano, S. Tanaka, A. Makiya, Z. Kato, and K. Uematsu, Acta Materialia 55(2007)4753-57.
著書:“希土類の材料技術“  第1部 10.2 「エンジニアリングセラミックスの特性に及ぼす希土類焼結助剤の添加効果と微構造」中野裕美、渡利広司 シー.エム.シー出版 (2008) 407-412.

実施可能な共同研究の形態

共同研究の実施形態          :大学と企業の両方で実施
大学への研究員等の受入        :可能
企業への専門家等の派遣(不定期を含む):不可能


ページの先頭へ戻る