開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 国際交流センター > 蒲原 弘継(かまはら ひろつぐ)

蒲原 弘継(かまはら ひろつぐ)

所属 国際交流センター
兼務
職名 特任助教
専門分野 環境システム工学 / 科学技術社会論
学位 工学博士(豊橋技術科学大学)
所属学会 環境科学会、日本LCA学会、土木学会、科学技術社会論学会、日本工学教育協会、国立大学留学生指導研究協議会、グローバル人材育成教育学会、Society for Social Studies of Science
E-mail kamahara@cir.ignite
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究者情報リンク 研究者情報

テーマ1:持続可能なバイオマス利活用の計画・実施手法の開発

概要

バイオマス(動植物性の有機性資源)は古来より人間生活に欠かせない資源です。近年では、技術革新により、様々なバイオマスから多様なエネルギーや製品を生産できるようになりました。その一方で、バイオマス利用・食料生産の拡大は新たな土地利用改変や水環境汚染などをもたらす要因の一つともなっています。
私は、ライフサイクルの視点から、バイオマス生産システム全体の物質・エネルギー収支を分析・評価し、バイオマス利活用の持続可能な条件や改善策の効果を定量的に明らかにしてきました。例えば、インドネシアにおけるパーム油由来のバイオディーゼル燃料生産を対象にした研究では、ライフサイクル全体におけるエネルギー収支を明らかにするとともに、プランテーション土壌の持続性を保った上でのバイオマス残渣と排水処理過程から発生するメタンの有効利用がその改善に最も有効であることを示しています(Kamahara et al. 2010)。その他、インドネシアにおけるキャッサバ生産をはじめ、日本国内においても家畜糞尿や廃食用油、下水汚泥、生ごみといった地域のバイオマスを対象にした研究も行っています。

主な業績

H. Kamahara, U. Hasanudin, A. Widiyanto, R. Tachibana, Y. Atsuta, N. Goto, H. Daimon, K. Fujie, Improvement Potential for Net Energy Balance of Biodiesel Derived from Palm Oil: A Case Study from Indonesian Practice, Biomass and Bioenergy, 34(12), 2010, pp.1818-1824.

キーワード

バイオマス、熱帯プランテーション、物質フロー分析、ライフサイクル分析、産業共生、バイオマスパーク

テーマ2:環境インフラの持続可能な維持管理・計画手法の開発

概要

社会基盤インフラは公共の特性を有し、長期間に渡って私たちの生活を支えています。現在、日本では、高度経済成長期に整備されたインフラの老朽化や人口減少、自然災害への対応が課題となっています。一方、東南アジア地域においては、近年の経済発展に伴い、環境インフラの持続可能な計画・整備と維持管理が課題となっています。
私は、科学技術社会論や人類学の分析手法に着目しながら、環境インフラの持続可能な維持管理・計画手法の開発を行っています。例えば、愛知県豊橋市と連携して実施したインドネシア西スマトラ州ソロク市における水道技術支援においては、現地技術者の維持管理能力の向上が現地の水道水の水質改善および持続可能な水道インフラの維持管理と計画・開発に効果的であることを明らかにしています(蒲原ら 2016)。

主な業績

蒲原弘継、朝河和則、Ni Luh Gede Ratna Juliasih、大門裕之:インドネシア西スマトラ州ソロク市における水道技術研修による実践的研究、土木学会論文集F5(土木技術者実践)、Vol.72、No.1、2016、pp.20-26.

キーワード

環境インフラ、社会基盤、技術移転、上下水道、廃棄物、科学技術社会論、技術者育成

テーマ3:工学部学生のための留学プログラムの評価手法の開発

概要

留学はグローバル化の時代において価値のあるキャリア経験として広く認識されています。特に、科学技術の開発・研究分野においては国家政策として留学生のグローバルな流動が促進されています。私は工学分野における効果的な留学プログラムの推進を目的とし、工学教育システムにおける留学プログラムの評価手法の開発について研究しています。

主な業績

蒲原弘継、Ryan Eugene、大門裕之:マレーシア・ペナンにおける工学部学部生のための短期海外研修プログラム、工学教育、Vol.64、No.5、2016、pp.68-72.

キーワード

留学プログラム、留学生、工学教育、グローバル人材、評価

その他(受賞、学会役員等)

廃棄物リサイクルシステムの評価・設計、国家の社会経済代謝の変遷

受賞等:
Bronze Poster Award, The 8th International Conference on Ecobalance (2008)
最優秀発表賞(富士電機賞), 環境科学会2009年会 (2009) 


ページトップへ