開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 国際交流センター > 村松 由起子(むらまつ ゆきこ)

村松 由起子(むらまつ ゆきこ)

所属 国際交流センター
兼務
職名 准教授
専門分野 日本語学 / 日本語教育学
学位 学術修士(名古屋大学)
所属学会 日本語教育学会 / 日本語文法学会 / 外国語メディア学会/日本音声学会
E-mail yukiko@cir.ignite
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください

研究紹介

現在、次の3テーマに取り組んでいる。

テーマ1:日本語文法に関する研究

概要

日本語のテンス、アスペクト、モダリティに関する研究を中心に、以下のような日本語文法に関する研究を行っています。ル形・タ形の用法・機能、時間に関わる表現、受身表現など

キーワード

日本語文法、テンス、アスペクト、モダリティ

テーマ2:中国語話者のための日本語教育

概要

中国語話者の誤用、日中対照研究の分析をもとに中国語話者のため効率的、効果的な日本語教育を目指した研究を行っています。今までに考察したテーマは以下の通りです。中国人日本語学習者にとっての「の」の問題点、動作の同時進行を述べる表現、「まで」「までに」と「到」「以前」、日本語直接受身文の問題点、中国語「意味上の受身文」と日本語の受身文など

キーワード

日本語教育、日中対照研究、誤用分析

テーマ3:中国工科系大学におけるマルチメディア日本語教育

概要

中国の大学との共同研究により、マルチメディア日本語教育の可能性、課題、教育効果を調査、分析しています。

キーワード

遠隔日本語教育、マルチメディア、中国

担当授業科目名(科目コード)

工学基礎日本語 (B1) /日本の社会ⅠB,ⅡB(B2,3) /日本文化( 日本の論理Ⅰ)、日本の論理Ⅱ(B3,4)/ 異文化コミュニケーション1(M),Intercultural communication(国際プログラム) / 言語と社会Ⅱ(M)/ 言語と社会Ⅱ(B3)/ 日本語(日本語研修コースⅠ)/漢字(日本語研修コースⅡ)/会話(日本語研修コースⅡ/文法(日本語研修コースⅡ)

その他(受賞、学会役員等)

日本語学習者の自己訂正能力の分析
日本人・留学生混在クラスにおけるコミュニケーション能力及び日本語能力の養成 


ページトップへ