文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 応用化学・生命工学系 > 熱田 洋一(あつた よういち)

熱田 洋一(あつた よういち)

所属 応用化学・生命工学系
職名 特任准教授
専門分野 資源循環工学、環境システム工学、環境水文学
学位 博士(工学)山梨大学
所属学会 廃棄物資源循環学会, 日本水環境学会, 土木学会, 環境科学会
E-mail atsuta@
※アドレスの末尾に「tut.jp」を補完してください
研究室web http://water.ens.tut.ac.jp/index.html
研究者情報(researchmap) 研究者情報

研究紹介

 未利用のバイオマス資源(食品残渣、畜産糞尿等)からバイオガスというエネルギーを得ることができるメタン発酵(嫌気性消化)技術は、地域の資源循環や最近のエネルギー政策から注目されるようになった。この技術は、微生物により有機物を分解(嫌気性消化、メタン発酵)し、燃料となるメタンガスを含むバイオガスを得ることができます。しかし、他の再生可能エネルギー技術と比較して、メタン発酵の普及は遅れている。そこで、産学コンソーシアムで小規模普及型のメタン発酵システムを開発し、中小の畜産農家や食品残渣の排出事業者に導入されるまでに至っている。また、これを中心とした先導的な地域資源循環システムの構築に向けて取り組んでいる。

テーマ1:小規模普及型メタン発酵システムの開発

概要

 これまでのメタン発酵システムは、大規模・集約型の事業に向けたものがほとんどで、大型で多額の設備費用が必要であった。そこで、ゼネック株式会社などの民間企業との産学融合(一体化)コンソーシアムにより、小型化と低コスト化を実現し、中小事業者さんでも事業性のあるシステムを開発した。このシステムは、既に6件の導入実績があり、社会実装が進んでいる。現在は、発酵阻害を引き起すアンモニアを除去する機能などが追加された次世代型のメタン発酵システムの開発に取り組んでいます。

主な業績

☆ながいも発電が始まった!農業地域で異業種連携の小型バイオガス発電事業;熱田 洋一, 季刊 地域、39号, 2019年10月
☆中規模養豚農家における小規模普及型メタン発酵システムの導入効果;高崎 力也, 山田 剛史, 西村 宗樹, 蒲原 弘継, 熱田 洋一, 大門 裕之, 廃棄物資源循環学会論文誌, 30(0) 95-102, 2019年6月
☆Treatment of sewage sludge using anaerobic digestion in Malaysia: Current state and challenges; Farida Hanum, Lee Chang Yuan, Hirotsugu Kamahara, Hamidi Abdul Aziz, Yoichi Atsuta, Takeshi Yamada, Hiroyuki Daimon, Frontiers in Energy Research,7,2019年1月

キーワード

小規模普及型嫌気性消化(メタン発酵)、社会実装、アンモニア除去

テーマ2:地域特性に応じた有機性資源循環システムの構築とそれを支える要素技術の開発

概要

廃棄物の有効利用を考える場合、排出者が個別で有効利用方法を考えるには限界があります。そこで、地域分散型で設置された小規模普及型メタン発酵が連携して、様々な畜産糞尿や食品残渣などを合理的に有効利用する資源循環システムの構築を目指して取り組んでいます。現在は、畜産糞尿用メタン発酵を促進するための発酵助剤を食品残渣から製造したり、消化液(発酵液)を地域内で液肥として有効利用する仕組みづくりや要素技術の開発を行っています。このシステムを円滑に運用するためには、各事業者間で負担の偏重が生じないように、また、多岐にわたる法制度に応じた適正な運用を行う必要があります。そこで、品質などの自主基準の策定なども行いました。さらには、簡易で迅速に品質の測定が行える分析方法の開発も行っています。このシステムの実現には、産学官連携、異業種連携が重要になってきます。

キーワード

資源循環、先導的モデル、有機性廃棄物、発酵助剤、近赤外分光光度計

その他(受賞、学会役員等)

2019年 愛知県 2019愛知環境賞 優秀賞(代表)
産学融合コンソーシアムによる小規模普及型バイオガス発電システム
2018年 環境科学会 論文賞(共著)
バイオガス中のCO2を施用したスジアオノリの陸上養殖
2013年 環境科学会 奨励賞
バイオマス有効利用システムの評価に関する研究
2011年 廃棄物資源循環学会 論文賞(筆頭著者)
水熱反応による有機性循環資源の液体飼料化


ページトップへ