開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 建築・都市システム学系 > 宮田 譲(みやた ゆずる)

宮田 譲(みやた ゆずる)

所属 建築・都市システム学系
兼務 安全安心地域共創リサーチセンター
未来ビークルシティリサーチセンター
環境・生命工学系
総合教育院
職名 教授/建築・都市システム学系長/環境・生命工学専攻主任
専門分野 環境経済学 / 都市・地域分析
学位 学術博士(北海道大学)
所属学会 国際地域学会 / 日本地域学会 / 環境科学会 / 環境共生学会 / 日本経済学会 / 日本都市計画学会 / 不動産学会 / 計画行政学会 / 土木学会
E-mail miyata@ace
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://pm.hse.tut.ac.jp/

研究紹介

当研究室では大きく分けて,2つの分野を研究している。1つは環境・経済統合勘定に基づく,環境-経済システムの応用一般均衡分析である。これは経済活動に伴う環境への影響を,経済全体の立場からコンピュータでシミュレーションするものである。他の1つは都市や地域の発展・衰退を経済の立場から研究するものである。この研究では動学一般均衡分析や独占的競争理論を用いて,理論的研究およびコンピュータシミュレーションを行っている。

テーマ1:環境共生型都市の動学分析

概要
図1 環境共生型都市の動学モデル

環境共生型都市とは,より少ない環境負荷,より大きなアメニティを目指した都市形態です。この研究は主として廃棄物を環境負荷要因とし,アメニティを個人の満足感(効用)で捉えた,コンピュータシミュレーション分析です。対象地域としては北海道の帯広都市圏としています。帯広都市圏は人間活動と自然環境が良く調和した地域です。
本研究では帯広都市圏でのリサイクル率を現状よりも1.2倍にするためには,リサイクル財の価格がどの程度下落しなければならないか,そのための公的補助金はどの程度になるか,などを調べています。また将来人口が減少する場合の影響についても調べています。
さらに豊橋市を対象として,電気自動車が広く普及した場合の社会経済的影響についても研究を行っております。

キーワード

環境共生型都市,動学モデル,応用一般均衡モデル,廃棄物リサイクル,帯広都市圏,電気自動車,豊橋市

テーマ2:交通を考慮した地域総合環境評価モデルの構築

概要
図2 交通を考慮した地域総合環境評価

現在,地球環境問題が国際的な問題となっていますが,自動車部門から排出されるCO2削減が重要な課題です。本研究では三遠南進地域(愛知県東部,静岡県西部,長野県南部)を対象として,交通需要予測を行います。これは道路別の交通量を予測すると同時に,対象地域の小さなゾーンでの経済活動も予測します。
その上で発生するCO2,総窒素量,総リン量を予測します。そして対象地域でどの程度の自己循環が可能なのかを調べます。この分析もコンピュータシミュレーションによって行いますが,ゾーンという小さい地域を対象とし,また動学的に行うことから,極めて大規模な作業となります。3年後程度を目途に研究の成果を出す予定です。なおこの研究は科学研究費補助金基盤研究(A)に指定されました。

キーワード

地域総合環境評価,空間的一般均衡モデル,炭素循環,窒素循環,土地利用・交通統合モデル

テーマ3:都市形成の理論的研究

概要
図3 業務地区と居住地区からなる都市と財輸送

伝統的な都市経済学では直線的な都市を想定します。これは理論を単純化するためです。ところが平面での都市形成を考えると,方向という概念が入り,理論は著しく難しくなります。この研究では偏微分方程式を用いて,平面上の都市形成を考察します。現在は純粋な理論に留まっていますが,地理情報システムを用いて現実的な都市分析を目指しています。

キーワード

平面上の都市形成,偏微分方程式,GIS

担当授業科目名(科目コード)

統計学概論(前期)( B10232020) / ミクロ経済学(前期)( B10232030) / 環境経済学(後期)(B15620070)/ 管理科学(前期)(M202320020) / 環境経済分析論 ( M25622080) / management science ( 401001) / 環境経済学・計画特論 (D35030100)


ページトップへ