文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 遠隔授業を受けるためのネットワーク接続手続きについて

遠隔授業を受けるためのネットワーク接続手続きについて

豊橋技術科学大学 学生の皆さんへ

情報メディア基盤センター
IT活用教育センター

遠隔授業を受けるためのネットワーク接続手続について

 新型コロナウイルスによる感染症防止のため、5月11日(月)からの授業は、遠隔(オ ンライン)授業形式で実施し、在宅で学修することになる予定です(授業はそれぞれの科目 毎に開始連絡があります)。遠隔授業を円滑に受講するには、安定したネットワーク環境とパソコンなどの設備が必要ですが、家電量販店でもネットショップでも品薄の状態です。だからと言って、インターネットに接続できる環境を求めて外出しないでください。また、無理に割高なパソコンを購入する必要もありません。在宅で学修するには多少不便ですが、本学の遠隔授業のほとんどはスマホでも閲覧できるようになっています。今の状況がもう少し良くなるまで、スマホで受講するようにしてください。「スマホもないよ」という学生は、下記の問い合わせ先に連絡してください。

 ただし、学外から履修登録をしたり、遠隔授業を受講したりするためには、大学から発行されたユーザー名、パスワード、そしてワンタイムパスワードを使ってアクセスする必要があります。新学期が始まって間もなく休講になってしまったため、そのための設定をしていない学生が、新入生だけでなく在学生にも多くいるようです。 そこで、学外から手続きをするために必要な認証用マトリクスコード(パスワードを忘れ たときにも使うので大切に保管しましょう)を全学生に郵送することにしました。郵送先は、 入学時に提出した学生住所です。「まだ、ワンタイムパスワードを使ったことがない」という学生は、このマトリクスコードを使って、別紙を参照しながら手続きをしてください。そして、遠隔授業の体験版まで到達できることを必ず確認してください。

インターネットやパソコンを求めて、外出しないようにしてください。

遠隔授業はスマホでも受講できます(ちょっと不便だけど)。

ワンタイムパスワードを使って手続きをしてください。

認証用マトリクスコードは大切に保管してください。

【書類送付に関する問い合わせ先】
豊橋技術科学大学教務課教務係
TEL:0532-44-6545
MAIL:kyoumu@office.tut.ac.jp
【窓口開設時間】
月~金 8時30分~17時15分
※祝日等を除く

遠隔授業サポート窓口(遠隔授業体験版)クラスコードについて

2020年4月27日

2020年5月7日追記

IT活用教育センター(CITE)遠隔授業サポート窓口

在宅で遠隔授業を受講するためのお知らせ

5/7以降の新しい登録先:クラスコード 「kjaidqf」

登録人数の上限に達したクラスコード 「kpzuz64」

※どちらかのクラスコードに登録できていれば、受講の準備は整いました。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、各自自宅にて待機しながらも、技科大生らしく知的に充実した日々を過ごされていることと思います。5月11日(月)からようやく新学期。前期の授業が遠隔授業で始まります。情報メディア基盤センターと新たに発足したIT活用教育センターでは、全ての学生が速やかに在宅学修できるように、二つのお知らせ;

  • 「遠隔授業を受けるためのネットワーク接続手順について」
  • 「技科大ネットワークにアクセスして遠隔授業を受講するための手順について」

を、入学時に提出した学生住所に送付しました。すでに届いていると思います。 そこで、ちょっとした、けど、重要な「抜け」があることが分かったのでお知らせします。 「技科大ネットワークにアクセスして遠隔授業を受講するための手順について」の「ステップ5:遠隔授業サポート窓口(遠隔授業の体験版)にGo!」のところで、クラスコード「kpzuz64」(2つ目のクラスコード「kjaidqf」)の説明が抜けていました。 改定したお知らせをこのページに掲示しますので、確認してください。 このお知らせで説明している手続きは、学外から大学のネットワークに接続し、履修登録や遠隔授業を受講するために必要です。「ワンタイムパスワードなんて知らないよ」という学生は、必ず手続きを済ませてください。また、「もう履修登録を済ませたよ」という学生も、遠隔授業をスムーズに受講できるように「遠隔授業サポート窓口」に入室してみてください。 よろしくお願いします。

以上

IT活用教育センター(CITE) 遠隔授業サポート窓口
MAIL: cite-support@cite.tut.ac.jp

※新設のためウェブサイトはまだありません。

ページトップへ