文字サイズ
検索

研究・技術開発

平成30年度 教育研究活性化経費の評価結果について

本経費は,学内予算を競争的に配分し,特色ある教育・研究の活性化等を図ることを目的に平成12年度から導入されたものです。 研究(若手)プロジェクト,その他(教育・社会貢献等)プロジェクトに採択された課題については,その研究期間満了の翌年度に評価を実施することになっています。 平成29年度に終了した研究課題(27件)について,成果報告会を開催するとともに,執行部を評価委員とする評価を実施しましたので,その結果を公表します。

対象研究課題
年度件数実施期間
平成29年度採択事業 27件 H29

教育研究活性化経費の概要

1.趣旨

本学のプレゼンスを向上させ,独自性を出すことを目的とした教育,地域貢献等を充実するためのプロジェクト並びに本学における学術研究の発展に資するため,今後活躍が期待される若手教員に対し,必要な経費を配分する。

2.プロジェクト類型

研究(若手) 申請額が100万程度の申請
その他(教育,社会貢献等) 内容精査後,決定

評価について

1.評価方法について

成果報告書を作成するとともに,成果報告会にて執行部等の評価委員に対し成果を発表する。評価委員は書面及び成果発表に基づき,評価を実施する。

2.評価委員

学長,理事・副学長,副学長

3.評価の観点

1.当初計画の達成度

2.教育研究成果

4.学内評価の採点方法

評価の観点について総合的に判断し、5点満点で採点の上、各評価委員の平均点を算出し、以下のとおり,4段階にて評価結果を表す。

4点以上=A

2.5点以上4点未満=B

1.5点以上2.5点未満=C

1.5点未満=D

<平成30年度評価一覧>                  

年度区分所属氏名研究課題評価

29

若手

機械工学系

秋月拓磨

生理・身体情報に着目したドライバ状態推定手法の開発

29

若手

機械工学系

足立 望

高密度格子欠陥導入による純鉄の磁気特性向上メカニズムの解明

29

若手

機械工学系

阿部史枝

3Dプリンタを使ったクリーンで人に優しい金属加工用プラスティック金型作り

29

若手

機械工学系

石井陽介

構造物の表面欠陥の高感度非破壊評価に向けた表面弾性波の非線形周波数ミキシングの解明

29

若手

機械工学系

田崎良佑

高速研磨プロセスのための除去体積率制御を考慮した動的工具操作

29

若手

機械工学系

西川原理仁

低熱流束輸送可能なループヒートパイプマイクログルーブ蒸発器の開発

29

若手

機械工学系

松岡常吉

体表面形状のリアルタイム3次元計測手法の開発

29

若手

機械工学系

横山博史

熱音響機器の高効率化を目指した折れ部を有する管内の流体・音響場の解明

29

若手

電気・電子情報工学系

石井佑弥

1 mW/mm2の出力光強度を可能とするポリマナノ光ファイバプローブの創製に向けた研究

29

若手

電気・電子情報工学系

岩田達哉

駆動温度制御による湿度に対し感度不変な集積化CO₂センサの実現

B

29

若手

電気・電子情報工学系

河村 剛

金属酸化物ナノキューブおよびその集合体の作製と電気磁気効果

29

若手

電気・電子情報工学系

後藤太一

100kW級スピン変調Qスイッチレーザーの作製

A

29

若手

電気・電子情報工学系

谷本 壮

タングステンカーバイド薄膜を中間層として用いたダイヤモンドライクカーボン薄膜の作成と基礎特性評価

B

29

若手

電気・電子情報工学系

東城友都

高容量リチウム電池負極材料を導入した導電性粘土材料の電気化学特性評価

29

若手

電気・電子情報工学系

針谷 達

農業用小型簡易光量子計の開発

B

29

若手

電気・電子情報工学系

山根啓輔

太陽電池応用に向けたSi格子整合系GaAsPN系混晶の結晶性改善

29

若手

環境・生命工学系

荒川優樹

硫黄の相度作用を利用した高複屈折性フィルムの開発

A

29

若手

環境・生命工学系

伊藤博光

新規結晶性ナノ炭素創製に向けたフラーレン配列技術の開発

B

29

若手

環境・生命工学系

栗田弘史

水溶液への大気圧プラズマ照射と反応制御

29

若手

建築・都市システム学系

嵯峨 慎

新たな配位子あるいは錯体を用いた水環境中の有害物質の高感度分析手法の開発

B

29

若手

建築・都市システム学系

杉木 直

世帯マイクロデータを用いた津波避難シミュレーションに関する研究

A

29

若手

建築・都市システム学系

中村亮太

超高解像度高潮数値計算手法の開発と温暖化後の高潮災害対策の費用便益分析

29

若手

建築・都市システム系

松本幸大

高精度成形技術を応用したFRPによるアンボンド型補強法に関する研究

29

その他

機械工学系

福本昌宏

産学が協働する独自MOT教育制度の拡充に向けた取り組み

29

その他

環境・生命工学系

浴 俊彦

地域高校生の科学系活動支援のための大学・高校連携推進事業

A

29

その他

建築・都市システム学系

齊藤大樹

高専・技科大建設系教員研究交流集会を通した三機関教育連携と教員FDの促進

A

29

その他

総合教育院

池松峰男

英語力向上に与える国語力及び国語力強化授業の効果の検証

                                           (平成31年1月15日掲載)

ページトップへ