文字サイズ
検索

研究・技術開発

平成21年度 教育研究活性化経費の成果報告について

本経費は,予算の競争的配分方針に基づき,本学の教育・研究を特色化させるために平成12年度より設けたものです。
教育プロジェクト経費及び研究プロジェクト経費に分類され,詳細については以下のとおりです。
今回,平成20年度末までに終了したプロジェクト31件について成果及び評価を公表します。

1.教育プロジェクト経費

(1) 趣旨

本学のプレゼンスを向上させ,独自性を出すことを目的とした教育を充実するためのプロジェクトに対して必要な経費を配分する。

(2) 申請及び採択件数

年度 申請件数 採択件数
平成18年度 8件 5件
平成19年度 7件 4件
平成20年度 6件 4件

(3) 成果の公表

  • ア. 成果報告書を提出するとともに成果報告会での報告を求めて評価する。
  • イ. 評価委員については,以下のとおりとする。
    • 学長,理事及び副学長
    • 博士後期課程専攻主任(4名)

(4) 評価について

「教育改革への貢献度」,「実践的技術者教育への貢献度」,「申請経費の内容の妥当性」の3項目を評価基準とし,5点満点(0~5点)で採点(評価)し,「A」は平均点が4点以上,「B」は2.5点以上,「C」は1点以上,「D」は1点未満とした。

2.研究プロジェクト経費

(1) 趣旨

本学のプレゼンスを向上させ,独自性を出すことを目的とした研究を充実するためのプロジェクトに対して必要な経費を配分する。

(2) プロジェクトの種類

ア. 研究プロジェクトA: 申請額が200万円以上のもの
イ. 研究プロジェクトB: 申請額が200万円未満のもの

(3) 申請及び採択件数

  年度 申請件数 採択件数
ア. 研究プロジェクトA: 平成18年度 16件 12件
平成19年度 3件 3件
平成20年度 9件 5件
イ. 研究プロジェクトB: 平成18年度 53件 28件
平成19年度 36件 15件
平成20年度 38件 21件

(4) 成果の公表及び評価

  • ア. 成果報告書を提出するとともに成果報告会での報告を求めて評価する。
  • イ. 評価委員については,以下のとおりとする。
    • 学長及び副学長
    • 博士後期課程専攻主任(4名)
    • 外部評価委員(研究プロジェクトAのみ)

(5) 評価について

「研究の独創性」,「実用化への可能性」,「学問的発展への貢献度」,「当初研究計画の達成度」の4項目を5点満点(0~5点)で採点(評価)し,「A」は平均点が4点以上,「B」は2.5点以上,「C」は1点以上,「D」は1点未満とした。

区分 氏名 研究題目(プロジェクト名)及び採択年度 評価
石田 好輝 免疫系数理モデルとシミュレーションによる病状モニターと投薬戦略-Immunoinformatics (18年度) (B,C,B,B)
外部評価委員の評価1
外部評価委員の評価2
宋 城基 大学建築物におけるエネルギー消費状況分析と各設備の性能検証に関する基礎研究(18年度) (B,B,C,B)
外部評価委員の評価
大貝 彰 グリッドコンピューティングを援用した地区防災性能評価支援WebGISの開発と実証実験(19年度) (B,B,B,B)
外部評価委員の評価
櫻井 庸司 高安全性低コスト大型リチウムイオン電池の実現に向けたレアメタルフリー電極の開発(19年度) (A,B,B,B)
外部評価委員の評価
滝川 浩史 スーパーDLC膜のガラスレンズ金型保護膜への応用(20年度) (A,A,B,A)
外部評価委員の評価
松島 史朗 Evolving Campus-豊橋技術科学大学キャンパスのマスタープランニングと新たな建築設計手法BIMの適用に関する研究(20年度) (B,A,B,B)
外部評価委員の評価
眞田 靖士 2007年スマトラ島南部沖地震による被災建築の倒壊原因抽出を目的とする実建築部材の破壊実験(20年度) (B,B,B,B)
清水 良明 社会のダイナミズムに連携する大規模ロジスティックス最適化の進化型探索を援用した並列解法(20年度) (B,B,B,B)
新田 恒雄 音声・テキスト相互検索エンジンの開発(20年度) (A,A,B,B)
村上 義信 経皮吸収型テープ中の薬物挙動の内部帯電測定による可視化と電気的制御(20年度) (B,B,B,B)
須田 善行 カーボンナノコイルの細線化(20年度) (B,B,B,B)
小林良太郎 1チップ上で1000台のCPUを並列動作させるメニーコア・システムに関する研究(20年度) (B,B,B,B)
柴富 一孝 光学活性含フッ素化合物の効率的合成(20年度) (A,B,B,B)
岩佐 精二 新規立体制御触媒の開発とその有機分子センサーへの応用(20年度) (A,A,B,A)
浅野純一郎 GISを用いた時系列都市計画データベースの構築とその発展的応用(20年度) (B,B,B,B)
梅影 創 ヒト細胞内環状型機能性RNA発現系の開発(20年度) (B,B,B,B)
廿日出 好 実用化のための超高感度磁気センサSQUIDの高磁場ノイズ耐性化・高感度化(20年度) (B,B,B,B)
浴 俊彦 線虫群集構造解析のための基礎研究(20年度) (A,B,B,B)
加藤 茂 超音波による浮遊土砂濃度計測手法の開発に関する研究(20年度) (B,B,B,B)
今村 孝 ハンドルセンサシステムの試作と性能評価(20年度) (B,B,B,B)
川島 貴弘 細胞ネットワーク機能解析のためのオンサイト組み替え型バイオマイクロデバイスの開発(20年度) (B,B,B,B)
前野 智美 成形装置内通電加熱を用いたアルミニウム合金管の熱間ガスバルジ成形の開発(20年度) (B,B,B,B)
河内 岳大 らせん型合成高分子ナノチューブの創製(20年度) (B,B,B,B)
武藤 浩行 交互吸着法を用いたナノ粒子の構造制御と新規複合材料の創製(20年度) (B,B,B,B)
松本 明彦 柔軟な二次元網目骨格を有する多孔性有機金属骨格のゲート型吸着機構の解明(20年度) (B,B,B,B)
安井 利明 懸濁液および溶液を用いた大気圧マイクロ波プラズマ溶射法の研究(20年度) (B,B,B,B)
井上 隆信 金採掘の盛んなインドネシア中央カリマンタン州における環境中水銀濃度分布(20年度) (B,B,B,B)
教育 後藤 尚弘 物質フローコスト会計による企業の環境活動評価実習プログラム(20年度) (B)
教育 田中 照通 基礎科目のeLearning教材の作成(20年度) (B)
教育 岡田美智男 次世代ロボット創出を題材とするプロジェクト学習(PBL)型プログラムの開発(19年度) (A)
教育 神野 清勝 (竹中俊英) 工学系学生の実践的国際素養向上のための教育-大学生国際交流プログラム-(20年度) (B)
  • ※総合評価欄の( )内は,前から「研究の独創性」,「実用化への可能性」,「学問的発展への貢献度」,「当初研究計画の達成度」,の評価を示す。
  • ※教育区分は,「教育改革への貢献度」,「実践的技術者教育への貢献度」,「申請経費の内容の妥当性」の3項目を評価基準として,その総合評価を示す。

ページトップへ