平成28年10月に豊橋技術科学大学は開学40周年を迎えます。
開学40周年記念事業として日本学術会議と共同で、次のとおり市民公開講演会を開催します。

『科学技術の光と影』-市民との対話から考える科学技術と自動運転システムの未来-

豊橋技術科学大学(開学40周年記念事業)日本学術会議 市民公開講演会

目的 科学技術を広くわかりやすく示しながら、科学技術と自動運転システムの未来について、学術的観点、ものづくりの観点などから、幅広く議論します。
対象 一般市民,大学・研究機関研究者,行政関係者,日本学術会議会員・連携会員 他
定員 約400名(入場無料、事前申込制)
主催 : 豊橋技術科学大学、日本学術会議第三部
共催 : 日本学術会議中部地区会議
協賛 : 公益財団法人大林財団
後援 : 公益財団法人日本学術協力財団,愛知県教育委員会,豊橋市,豊橋商工会議所
豊橋技術科学大学(開学40周年記念事業)日本学術会議 市民公開講演会を開催します。

プログラム

13:00 受付
13:30 開会挨拶
  川合 眞紀(日本学術会議中部地区会議会員・第三部幹事/自然科学研究機構副機構長・分子科学研究所長)
13:40 挨拶
  大西 隆(豊橋技術科学大学長/日本学術会議会長)
13:50 基調講演
  『基礎科学研究を支えるテクノロジー −宇宙線関連研究を例に−』

梶田 隆章(東京大学宇宙線研究所長・教授/2015年ノーベル物理学賞)

14:35 講演1
  『自動運転技術による新たなモビリティ社会の実現
− 知能化するクルマと人との進化した協調にむけて −』

加藤 光久(トヨタ自動車株式会社 代表取締役副社長)

15:05 講演2
  『機械に責任を持たせられるか?
−自動車,ロボット,ブレイン・マシンインターフェース−』

下條 信輔(California Institute of Technology Professor/豊橋技術科学大学特別招聘教授)

15:45 パネルディスカッション
  『科学技術の光と影』

パネリスト
梶田 隆章,加藤 光久,下條 信輔,大西 隆
コーディネーター
土井 美和子(日本学術会議第三部副部長/情報通信研究機構監事)

17:00 閉会挨拶
  相原 博昭(日本学術会議第三部長/東京大学副学長・大学院理学系研究科教授)

お申込みはこちら

お問い合わせ

豊橋技術科学大学 総務課総務係
TEL 0532-44-6504
FAX 0532-44-6509

ページの先頭へ戻る