開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

エフエム豊橋『天伯之城ギカダイ』第275回放送「いきいきとした建築・まちへ」建築・都市システム学系准教授 今田太一郎

建築・都市システム学系准教授 今田太一郎への取材は9月13日に行いました。

今、各地で地域を再生、活性化しようとする動きがたくさんあります。地域活動には様々な取り組み方がありますが、自分たちのまちでいかに生き生きと生きていけるかということが大切です。どこかで、誰かが面白い事をやってくれるのを待つのではなくて、街の中で是非、これを実現したい、街の人たちと分かち合いたいと考え、行動するところに街の未来が生まれてきます。

私自身も岐阜県の郡上市八幡町で実際に地域を活性化しようとする活動に関わってきました。今、すこしずつ街の中に小さな新しい、楽しい事が生まれてきて、それがたくさんつながり始めています。それが、街の中にある小さな何気ない場所を魅力的な場所に変えていくのです。

『今日から使って欲しい業界(専門)用語』 「コンヴィヴィアル(Convivial)」

実は、建築や都市計画の専門用語ではありません。社会学などで使われる言葉です。意味はというと、「祝祭的な」というが、一番合っていると思います。複数の人がいて、その中の一人一人が主体性を持って、自分らしく生き生きとしながら、他の人と触れ合っている状況をさす言葉です。自分たちの暮らす街の中にコンヴィヴィアルな状況をたくさん作り出す事が、街を面白くし、未来を作っていくと思います。


[初版作成]:2014-2-17 [最終改定]:2014-2-17
エフエム豊橋『天伯之城ギカダイ』第275回放送「いきいきとした建築・まちへ」建築・都市システム学系准教授 今田太一郎

ページトップへ