開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

エフエム豊橋『天伯之城ギカダイ』第252回放送「レッツ スピーク ジャパニーズ・イングリッシュ」総合教育院教授 加藤三保子

総合教育院教授 加藤三保子への取材は4月26日に行いました。

英語は今や世界共通語。外国の人がたくさん集まる場所では必ず共通語として英語が使われます。これからは、英語を聞いたり話したりする機会が今以上に多くなることは間違いありません。 ところで、英語はどのように世界に広まったのでしょうか。英語の普及は、母語話者の人口が増大したからではなく、英語を母語としないけれど、それを仕事や交流で幅広く使う人々が増えたことによるものです。したがって、世界で話される英語には、多様な民族と文化が反映されています。つまり、日本人が話す英語に、日本語の影響がみられたり、日本人の価値観、日本文化が反映されているのは、ごく自然なことなのです。「ニホン英語」は日本人だからこそ話せる、ユニークな英語変種のひとつです。

『今日から使って欲しい業界(専門)用語』 「国際英語(International English)」

国際英語というのは、なにか特別な文法構造を持つ英語のことを意味するのではありません。英語が世界中に広がって、国際コミュニケーションの重要な道具となっている今、英語を母語としない人たちによって使いやすく、また、お互いに理解しやすいように使われる英語のことです。


[初版作成]:2013-05-28 [最終改定]:2013-05-28
エフエム豊橋『天伯之城ギカダイ』第252回放送「レッツ スピーク ジャパニーズ・イングリッシュ」総合教育院教授 加藤三保子

ページトップへ