開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

エフエム豊橋『天伯之城ギカダイ』第244回放送「効果的な英語語彙学習とは?」総合教育院講師 笹尾洋介

総合教育院講師 笹尾洋介への取材は3月18日に行いました。

私の専門とする応用言語学(Applied linguistics)は、研究結果を英語教育の現場にどのように生かせるかが大きな鍵となっています。そのため、言語学や教育学はもちろん、心理学や統計学といった関連諸分野の知見も総合的に活用する学際性に富む分野です。

私は特に、語彙習得論、評価論、カリキュラム開発、文法指導の研究を行ってまいりました。今回は特に、私の博士研究のテーマであった語彙習得に関する内容をお話ししたいと思います。

数多くの研究が外国語学習における語彙力の重要性を指摘しています。語彙力は読解力や聴解力と深い関係があるとされ、さらには、大学の学業成績や一般知能(IQ)とも関係があると言われています。語彙習得に関しては、どれくらいたくさん知っているかという量的側面と、どれくらい深く知っているかという質的 側面の両方が重要であると言われています。

  • 質問1.一般に英語が「ペラペラ」になるためにはどれくらいの語彙数が必要だと思いますか。
  • 質問2.「ある単語を知っている」ということには何が含まれると思いますか。
  • 質問3.単語リストで覚えるべきでしょうか、それとも文脈の中で覚えるべきでしょうか。

これまで、語彙知識の各側面を測定する種々のテストが考案され、妥当性の検証がなされてきました。しかしながら、これらのテストでは、学習者がより効果的に語彙学習を行うためにどのようにすればよいかがわからないという問題点がありました。

そこで、私の博士研究では、「語彙学習力」(vocabulary learning proficiency)という新たな概念を導入し、これを測定する2種類のテスト(接辞知識テスト、文脈からの推測能力テスト)の開発・妥当性の検証を 行いました。これにより、学習者の語彙学習における問題点を診断し、より効率的に語彙学習が行えるよう手助けできることが期待されています。

『今日から使って欲しい業界(専門)用語』 「語彙学習力」

語彙学習力とは、語彙学習を容易にする能力を指します。これには、英語の接辞の知識や、文脈からの推測能力、音と綴りの関係に関する知識などが含まれます。語彙力を増やすのはもちろん重要ですが、効果的に語彙が増やせるように、語彙学習力の向上も意識してみてください。


[初版作成]:2013-03-27 [最終改定]:2013-03-27
エフエム豊橋『天伯之城ギカダイ』第244回放送「効果的な英語語彙学習とは?」総合教育院講師 笹尾洋介

ページトップへ