文字サイズ
検索

エフエム豊橋『天伯之城ギカダイ』第230回放送「自動車研究部の活動について」自動車研究部

自動車研究部の皆さんへの取材は12月15日に行いました。

豊橋技術科学大学の自動車研究部は毎年9月に行われる全日本学生フォーミュラ大会に参加する為に活動しています。

この大会はものづくりをする学生の為の大会で、大会へ参加することを目的にフォーミュラカーを学生の手で設計・製造をしていきます。作れない部品に関しては購入しますが、作れる部分のは自分たちで製作しています。部員は18人で、ものづくりがしたい、フォーミュラカーを作りたいという学生が集まっています。

大会は静岡県掛川市にあるエコパで毎年9月に開催され海外のチームも参加しており、今年の結果は80チーム中、31位でした(去年は40位)。

来年は10位以内を目指しており、もっと軽いフォミュラカーを製造すべく、カーボンモノコックをボディー、ホイールに大会としては4輪に初めて採用予定しています。

学生だけではフォーミュラカーの製造はできないため、地元企業様に金銭面、技術面、物品面での支援をお願いしています。
ご支援いただけたらうれしく思います。

詳しくはこちらをご覧ください。


[初版作成]:2012-12-25 [最終改定]:2012-12-25

ページトップへ