文字サイズ
検索

エフエム豊橋 『天伯之城ギカダイ』第200回放送「未来を拓く新しい触媒」環境・生命工学系 原口直樹助教

環境・生命工学系 原口直樹助教への取材は5月8日に行いました。

有機分子触媒はそれまで用いられてきた金属含有触媒に比べて一般に安価であり、廃棄物の毒性が低いなど環境負荷が小さいと見られるものが多く、グリーンケミストリーの観点から高い有用性が期待されています。また水や空気に対して安定であるため、実験技術的な面からも大きなメリットをもっています。現在世界的に問題となっている、レアメタルの不足・高騰を解決する技術の一つとしても注目を集めています。

『今日から使って欲しい業界(専門)用語』 「有機分子触媒」

有機分子触媒とは、金属元素を含まず、炭素・水素・酸素・窒素・硫黄などの元素から成る、触媒作用を持つ低分子化合物のことです。単に「有機触媒」と呼ばれることもあります。


[初版作成]:2012-5-31 [最終改定]:2012-5-31
広報部会

ページトップへ