文字サイズ
検索

エフエム豊橋 『天伯之城ギカダイ』第199回放送「耐震補強工法の開発」建築・都市システム学系 松井智哉准教授

建築・都市システム学系 松井智哉 准教授への取材は5月8日に行いました。

豊橋市は東海・東南海地震による想定震源域に入っていますが、この大地震に備えておく必要があります。いろいろな観点から備えが必要ですが、建築物を耐震補強して壊れにくくすることも対策の1つになります。

本学の実験室では、鉄筋コンクリート建物を対象とした新しい補強工法の開発を行っており、その構造性能検証実験を先日行いました。構造実験とはどのようなものか、また当該耐震補強工法の紹介します。

『今日から使って欲しい業界(専門)用語』 「外付け耐震補強」

建物の耐震補強工法の形式の1つです。その他の工法として、増設壁、増設ブレースなどがあります。増設壁や増設ブレースと比べると強度性能の面では劣りますが、外付け耐震補強は、窓などの開口を塞ぐことなく、また建物を使用しながら工事を進めることができる点に特徴があります。


[初版作成]:2012-5-21 [最終改定]:2012-5-21
広報部会

ページトップへ