文部科学省 科学技術人材育成費補助事業「テニュアトラック普及・定着」事業

Fontsize

国立大学法人 豊橋技術科学大学 テニュアトラックプログラム

News & Topics

HOME > News & Topics > 第39回ランチコロキアを開催します。

第39回ランチコロキアを開催します。

☆第39回ランチコロキア(39th Lunch Colloquium/Lunch Colloquia: 2017-2018 1st)☆   
 
2017年7月19日(水)に、恒例の「ランチコロキア」を開催します。ランチコロキアでは、
テニュアトラック教員が昼食を兼ねて、最先端研究のプレゼンテーションを行います。入退室は
自由で、昼食をとりながら聴講するラフなスタイルのプレゼンテーションです。 *参加された学生の方に粗品をご用意しております。 ----------------------------------記------------------------------ 【第39回ランチコロキア】聴講自由 ------------------------------------------------------------------ 【日 時】平成29年7月19日(水) 12:15~12:55 【場 所】ひばりラウンジ 【費 用】無料・但しランチはご自分でご用意ください。 【講 演】松田達也 テニュアトラック講師 (建築・都市システム学系) 【タイトル】「土-水連成問題における地盤材料の取扱いに関する考察                   -移動床造波水路実験を例に-」 【概 要】
「例えば、波浪外力による地形変化は防災面・環境面で非常に重要な課題である。これまで、
水工学分野では掃流力による土砂移動を考え、地盤工学分野では応力変化に着目した液状化
現象を検討してきた。しかし、波浪場における土砂移動は表層流速と透水力作用が複合的に
作用する複雑な問題であり、両分野の視点を融合した検討が必要である。その一つとして、
模型実験において実現象を再現し、詳細に観察するためには、掃流力と地盤の応力状態を再現
するための相似則を検討しなければならない。本研究では地盤材料の取扱いと現象の再現性に
注目した実験手法に関する基礎的研究について検討した成果を報告する。」
                  
                   
    

--------------------------------------------------------------  

39th Colloquia







                

ページトップ