文部科学省 科学技術人材育成費補助事業「テニュアトラック普及・定着」事業

Fontsize

国立大学法人 豊橋技術科学大学 テニュアトラックプログラム

活動状況 / Activities

HOME > 活動状況 / Activities > 第35回ランチコロキア

第35回ランチコロキアを開催しました。


The 35th Lunch Colloquium was successfully over as follows;

☆第35ランチコロキア(35th Lunch Colloquium/Lunch Colloquia: 2016-2017 2nd)☆   
 
2016年10月27日(木)に、恒例の「ランチコロキア」を開催しました。ランチコロキアでは、
テニュアトラック教員が昼食を兼ねて、最先端研究のプレゼンテーションを行います。入退室は
自由で、昼食をとりながら聴講するラフなスタイルのプレゼンテーションです。 ----------------------------------記------------------------------ 【第35回ランチコロキア】聴講自由 ------------------------------------------------------------------ 【日 時】平成28年10月27日(木) 12:15~13:00 【場 所】ひばりラウンジ 【費 用】無料・但しランチはご自分でご用意ください。 【講 演】松田 達也 テニュアトラック講師 (建築・都市システム学系) 【タイトル】「土粒子-土要素に着目した沿岸域における地盤ダイナミクス」 【概 要】 「津波や洪水などの水流により海底床や河床が洗掘され、大規模な地形変化や構造物の支持力を 喪失させ崩壊に至らす可能性がある。洗掘現象に関する既往の研究では、水理学分野が主体とす る水流によって生じる地表面のせん断力と土粒子の重量の力のつり合い条件から土粒子の移動を 判断していた。  近年の研究では、移動床が多孔質材料であることから地盤内部の応力を変化させ、洗掘を助長 させる可能性を指摘されつつある。本研究では、土粒子レベルのミクロスケールから土要素を対 象としたメゾスケールに注視した洗掘現象の解明を試み、洗掘現象に対して粒状体力学の概念に 精通した連続体モデルを提案することを目的としている。」 -------------------------------------------------------------- 35th Colloquia 35th Colloquia

2015年9月9日


 


若手研究者の自立的研究環境整備促進事業「エレクトロニクス先端融合領域 若手研究者育成プログラムサイト」についてはアーカイブされていますので、以下のリンクよりご覧ください。

ページトップ