文部科学省 科学技術人材育成費補助事業「テニュアトラック普及・定着」事業

Fontsize

国立大学法人 豊橋技術科学大学 テニュアトラックプログラム

活動状況 / Activities

HOME > 活動状況 / Activities > 第28回ランチコロキア

第28回ランチコロキアを開催しました。

The 28th Lunch Colloquium was successfully over as follows:

☆第28回ランチコロキア(28th Lunch Colloquium/Lunch Colloquia 2014-2015:1st)☆   
   
4月25日(金)に以下の要領で恒例の「ランチコロキア」を開催しました。  


 ----------------------------------記------------------------------ 
 【第28回ランチコロキア】聴講自由  
------------------------------------------------------------------
【日 時】平成26年4月25日(金) 12:15~13:00  
【場 所】ひばりラウンジ  
【費 用】無料・但しランチはご自分でご用意ください。  
【言 語】日本語/英語  
【講 演】高橋 一浩テニュアトラック講師(電気・電子情報工学系)  
【タイトル】「自宅で病気を診断するための半導体技術」  
【概 要】 病気の検査を簡易かつ迅速に行う方法は、正確な診断や治療効果の検証をするために極めて重要です。
ごく微量の血液採取により病気の診断が行えるようになれば、自宅で簡単・迅速・安価に検査が可能になります。我々
は病気にかかると、その病気に由来したタンパク質が血液中に増加します。この病気由来のタンパク質を特異的にとら
えるマーカーを使用して病気の検査が行われます。
 本発表では、半導体チップ上でマーカーを使用してタンパク質を特異的にとらえ、吸着の様子を電気信号に出力する
半導体技術を紹介します。この技術により一 滴の血液からさまざまな病気を検査する診断チップの開発を目指していま
す。」    

-------------------------in English------------------------------------
(Finished)Thank you for your attendance, active discussion.
 Dear All,  
Subject: 28th Lunch Colloquium    

The 28th Lunch Colloquium was held as follows.   
------------------------------  
28th Lunch Colloquium  
-------------------------------
Date: Friday 25th April 2014  
Time: 12:15-13:00  Location: Hibari Lounge 
(Next to the Student Canteen)  
Fee: Free(Lunch on own -bring your own lunch)  
Language: Japanese/English  
Speaker:  Kazuhiro TAKAHASHI Tenure Track Lecture,   
Department of Electrical and Electronic Information Engineering  
Public Access: Open to the public  
-------------------------------------------------------------  
Title: Semiconductor technology for disease diagnosis at home 
--------------------------------------------------------------  
Outline:  Simple and rapid inspection plays an important role for 
accurate diagnosis and verification for effect on medical treatment.
 By a disease diagnosis using a tiny amount blood sampling,
 we can examine health condition with simple, rapid and inexpensive
 method at home. When we catch a disease, specific proteins caused
 by the disease increase in blood. An antigen-antibody reaction have been
 used to adsorb onto a substrate for disease diagnosis. In this presentation,
 I introduce a semiconductor technology to obtain an electrical signal from
 immobilization with specific proteins on the microchip.
---------------------------------------  
28th Colloquia

2014年3月19日


 


若手研究者の自立的研究環境整備促進事業「エレクトロニクス先端融合領域 若手研究者育成プログラムサイト」についてはアーカイブされていますので、以下のリンクよりご覧ください。

ページトップ