開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 機械工学系 > 三浦 博己(みうら ひろみ)

三浦 博己(みうら ひろみ)

所属 機械工学系
兼務
職名 教授
専門分野 材料工学 (構造材料,材料加工・処理学)
学位 博士(工) (東京工業大学,1994年)
所属学会 日本金属学会 / 日本鉄鋼協会 / 日本機械学会 / 軽金属学会 / 日本銅学会
E-mail miura@me
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://str.me.tut.ac.jp
研究者情報リンク 研究者情報

研究紹介

三浦・小林研究室における研究テーマは、金属・合金のバルクナノメタル※の創製と高強度化、塑性変形、破壊などに関する諸問題や、高温加工とその後の熱処理に基づく組織制御などです。また組織や強度の評価を実験的手法と計算的手法により、合理的かつ客観的に行います。走査型電子顕微鏡(SEM-EBSP)、透過型電子顕微鏡(TEM)、X線回折装置、数値計算などを用いて材料の構造解析を原子レベルで行います。

※結晶粒径がナノメートルオーダーの新素材バルク金属

テーマ1:難加工性材料の高温加工とその関連問題に関する研究

概要
世界最高強度マグネシウム製ホイールハブ等(川本重工製)。超々ジュラルミン製の半分の重さ!

アルミニウム合金に代わる次世代軽量構造材料として期待されているマグネシウム合金であるが、実強度が低く、自動車等の構造部材としての適用は進んでいない。私たちの研究室では、従来の加工熱処理法に巨大ひずみ加工プロセスの一つである多軸鍛造のプロセスを加えることで、難加工性材料のマグネシウム合金の高強度化と高機能化を図り、実用化を目指している。

キーワード

巨大ひずみ加工、高強度、組織制御、動的再結晶

テーマ2:加工熱処理による組織制御と材質改善に関する研究

概要
エコキュート用高強度銅管の高温変形中の応力-ひずみ曲線。生産性向上と強度向上の両立が実現。

金属基機械材料の高強度化と加工性のバランスを向上させるため、高温加工中に起こる現象「動的再結晶」を利用し、組織制御を行っている。これにより、高温での加工生産性の大幅な向上、室温での強度と機械加工性の良バランスを実現できる。

キーワード

高温加工、高強度、動的再結晶、組織制御

テーマ3:バイオマテリアル

概要
歯科用クラウンの試作例(写真提供: 神奈川歯科大・木本教授)

純チタンは生体適合性に優れているものの、強度が不足しているため、例えば歯科用インプラントではチタン合金が利用されることが多い。しかしこの場合、生体拒絶反応や人骨ヤング率との違いから起こる顎骨破壊等が問題となっている。私たちのグループは、人体に優しい純チタンの高強度化を進め、高強度化と低ヤング率化を達成している。さらなる高強度化と低ヤング率化を図るべく研究を進めている。

キーワード

バイオマテリアル、チタン、高強度化、バルクナノメタル

担当授業科目名(科目コード)

材料科学、材料信頼性工学、M材料保証学、英語特別コース科目、機械工学実験

その他(受賞、学会役員等)

組織制御による高強度高機能銅合金の開発、強圧延による高強度ステンレス鋼の開発、多軸鍛造による世界最小結晶粒の達成


ページトップへ