開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

学部・大学院

ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 電気・電子情報工学系 > 田村 昌也(たむら まさや)

田村 昌也(たむら まさや)

所属 電気・電子情報工学系
兼務 未来ビークルシティリサーチセンター
職名 准教授
専門分野 水中ワイヤレス電力伝送 / 高周波フィルタ / 高周波信号処理回路
学位 京都大学博士(情報学)
所属学会 IEEE / 電子情報通信学会
E-mail tamura@ee
※アドレスの末尾に「.tut.ac.jp」を補完してください
研究室web http://www.comm.ee.tut.ac.jp/em/index.html

研究紹介

電磁波は身の回りに非常に多く存在しています。情報伝達に使われる電波だけでなく、太陽光や身体から発する熱も電磁波の一種です。本研究室ではそのような電磁波を社会のために有効利用することを目的として基礎研究から応用研究までを行っています。基礎研究としては水中で電力をワイヤレスで伝送する方法やフィルタを構成する共振器の高Q化、応用研究としてはワイヤレスで電力供給と相互通信を実現するモジュールを研究しています。

テーマ1:水中ワイヤレス電力伝送

概要
海中の給電ステーション

島国である日本の海洋資源探索に貢献するため、海中に探査機用の給電ステーションを設け、ステーションへは有線で、探査機へはワイヤレスで電力を給電する技術の確立を目指しています。そのために必要な技術の一つとして、kWオーダーの大電力をワイヤレスで供給する技術があり、その手段として電磁波が注目されています。しかし、kWオーダーを超える大電力を使用した場合の淡水・海水の電気特性が分かっていないため、電力供給に用いる電極構造が最適化できていません。そこで、大電力にも対応可能な測定方法や、水中ワイヤレス電力伝送に適した電極構造を研究しています。

[1] 仲泰正, 山本恭平, 田村昌也, "複素電圧を用いた誘電率測定系の確度検証," 2016信学総大, no.B-21-11, p.623, March 2016.
[2] 田村昌也,山本恭平,仲泰正,“大電力下における液相の複素誘電率算出方法の検討,”信学技報 WPT2015-65,vol.115,no.428,pp.11-14,Jan. 2016.
[3] K. Yamamoto, Y. Naka, and M. Tamura,“Extraction of Complex Permittivity for Liquid Phase under RF High Power,”Asian Wireless Power Transfer Workshop 2015, New Taipei, Dec. 2015.

キーワード

ワイヤレス電力伝送,液層評価,大電力生成回路

テーマ2:通信用高周波フィルタ

概要
携帯端末に使用されている高周波フィルタ

ワイヤレス通信においてフィルタ回路は欠かせないものです。その設計は、携帯機器端末に搭載する非常に小型なフィルタから基地局に配置する大電力にも耐える高性能なフィルタまでと様々です。しかしながら、どのフィルタにも小型・薄型、かつ高Q化の実現という共通の課題があります。本研究では、これらの課題を解決する技術を研究しています。また、各アプリケーションに応じて付加価値、対電力性、高チューナビリティ化についても研究しています。

[1] S. Tomida and M. Tamura, “Establishment of Design Approach for Bandpass Filter using Triple-mode Stripline Resonator,” IEEE AP/MTT-S Midland Student Express 2016 Spring, S3-3, Nagoya, April 2016.
[2] 舟山厚志, 田村昌也, "デュアルバンドBPFの設計に関する基礎検討," 2016信学総大, no.C-2-63, p.92, March 2016.
[3] M. Tamura, T. Yang, and T. Itoh, “Very Compact and Low-profile LTCC Unbalanced-to-Balanced Filters with Hybrid Resonators,” IEEE Trans. Microwave Theory and Techniques, vol. 59, no. 8, pp. 1925-1936, Aug. 2011.

キーワード

通信,フィルタ,高周波信号処理

テーマ3:バッテリーレスセンサシステム

概要
バッテリーレスセンサシステム

通常、センサはハーネスで接続して電力供給と情報収集を行うか、電池で駆動させて情報のみをワイヤレスに送受するシステムを取っています。この場合、車内や高温炉内など閉鎖された空間で、かつ人の手が届きにくい、管理しにくいところでは非常に扱いにくいです。しかし、エネルギーもワイヤレスで供給すればこの問題を解消できます。そこで、本研究では閉鎖空間に設置するセンサにワイヤレスで電力供給と相互通信を実現する融合モジュールを開発しています。

[1] I. Takano and M. Tamura, “Study on point-to-multipoint wireless power transfer technology in the enclosed space with scatterers,” IEEE AP/MTT-S Midland Student Express 2016 Spring, S3-4, Nagoya, April 2016.
[2] Y. Watanabe, I. Takano, and M. Tamura,“Basic Study on Wireless Power Transfer in Shielded Space with Scatterers Based on Waveguide Theory,”Asian Wireless Power Transfer Workshop 2015, New Taipei, Dec. 2015.
[3] Y. Watanabe and M. Tamura, “Basic study of efficiency improvement for wireless power transmission in closed space with scatterers,” IEEE AP/MTT-S Midland Student Express 2015 Spring, S4-1, Nagoya, April 2015.

キーワード

バッテリーレス,通信モジュール,ハーネスフリー

担当授業科目名(科目コード)

電気回路Ⅰ / 信号解析論 / マイクロ波回路工学 / 先端情報通信システム特論II

その他(受賞、学会役員等)

(受賞歴)
2015 IEEE MTT-S Outstanding Young Engineer Award(2015年)
2012 IEEE MTT-S Japan Young Engineer Award(2012年)
2012年 植之原道行記念賞(2012年)
IEEE関西支部メダル(2013年)

(学会役員等)
電子情報通信学会通信ソサイエティ 無線電力伝送研究専門委員会 幹事(2015年-)
IEEE MTT-S Kansai Chapter WakaTe Committee Chair(2012-2013)
IEEE MTT-S Transaction 査読委員(2012年-)


ページトップへ