開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 機械工学課程4年の伊藤寛和さんが、TOKAI ENGINEERING COMPLEX 2017,第48回学生会卒業研究発表講演会 Best Presentation Awardを受賞しました。

機械工学課程4年の伊藤寛和さんが、TOKAI ENGINEERING COMPLEX 2017,第48回学生会卒業研究発表講演会 Best Presentation Awardを受賞しました。

受賞 | 2017年3月15日


機械工学課程4年の伊藤寛和さんが、TOKAI ENGINEERING COMPLEX 2017,第48回学生会卒業研究発表講演会 Best Presentation Awardを受賞しました。

本賞は、日本機械学会東海支部第48回学生会卒業研究発表講演会において優秀な講演を行った者に対する表彰です。東海支部管轄区内の大学、工業高等専門学校の学生員を対象としたBest Presentation Awardセッションにおいて、卒業研究の成果発表を行いました。

主催者:日本機械学会 東海支部

受賞名:TOKAI ENGINEERING COMPLEX 2017,第48回学生会卒業研究発表講演会 Best Presentation Award

論文名:見回りロボットによる機械学習を用いた暗条件での人検出手法の検討

受賞者:機械工学課程4年 伊藤寛和

指導教員:
副学長(研究担当) 寺嶋一彦
機械工学系助教 田崎良佑

Best Presentation Award賞状を手にする伊藤さん

Best Presentation Award賞状

ページトップへ