開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 機械工学専攻博士前期課程1年の山本紘太さんが、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

機械工学専攻博士前期課程1年の山本紘太さんが、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

受賞 | 2017年1月 6日


機械工学専攻博士前期課程1年の山本紘太さん(マイクロ・ナノ機械システム研究室所属)が、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

本賞は精密工学会春季大会学術講演会の講演発表の中から、優れた講演発表に対して贈られたものです。またプレゼンテーション技術よりも、研究内容を重視した賞です。35歳までの若手発表者を対象とし、贈賞数は講演総数の概ね3%となっています。

主催者:公益社団法人 精密工学会 2016年度春季大会実行委員会

受賞名:ベストプレゼンテーション賞

論文名:白金触媒AFMプローブを用いたナノ化学加工技術の開発(第2報)

受賞者:機械工学専攻博士前期課程1年 山本紘太

所属研究室:マイクロ・ナノ機械システム研究室(柴田隆行教授・永井萌土助教)

※学年・所属等は受賞時点(2016年3月)のものです

ベストプレゼンテーション賞賞状を手にする山本さん

ベストプレゼンテーション賞賞状

ページトップへ