開学40周年記念事業

文字サイズ
検索

News & Topics

ホーム > News & Topics > 電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の保田哲志さんが、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の保田哲志さんが、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

受賞 | 2016年12月 2日


電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年の保田哲志さんが、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

本賞は「エネルギー変換、貯蔵、制御デバイスでの機能性セラミックス材料技術の新展開」でのポスター発表の中から、研究内容、発表対応、質疑を総合的に評価し、優秀と判断された者に送られるものです。

主催者:第29回 日本セラミックス協会 秋季シンポジウム

受賞名:ベストプレゼンテーション賞

論文名:ガーネット型酸化物固体電解質Li6.5La3-xBaxZr1.5-xTa0.5+xO12の合成および特性

受賞者:電気・電子情報工学専攻博士前期課程1年 保田哲志

共同研究者:
電気・電子情報工学専攻博士前期課程(平成28年3月修了) 東條勝
電気・電子情報工学課程4年 米倉知宏
電気・電子情報工学系助教 東城友都
電気・電子情報工学系准教授 稲田亮史
電気・電子情報工学系教授 櫻井庸司

ベストプレゼンテーション賞賞状を手にする保田さん

ベストプレゼンテーション賞賞状

ページトップへ