国立大学法人豊橋技術科学大学公式Webサイト運用ガイドライン

トップページに戻る
最上位 > 第4章 総務
国立大学法人豊橋技術科学大学公式Webサイト運用ガイドライン
(平成16年4月1日制定)
(目的)
1.国立大学法人豊橋技術科学大学(以下「本学」という。)公式Webサイト(以下「公式Webサイト」という。)を円滑に運用するため,本学公式Webサイト管理・運用要項(以下「要項」という。)第4項に基づき,このガイドラインを定める。
(趣旨)
2.公式Webサイトにおいては,表現の自由をはじめとする基本的な人権を尊重しつつ,個人の倫理観と尊厳に基づき,適用される法令・関係規定とともに以下の行動規範を遵守し,利用者の障害等の有無や利用環境に関係なく,誰もが利用しやすいアクセシブルな情報発信を心がける。
(1)本学,本学構成員及び他者の信用と人格,プライバシーを尊重する。
(2)本学,本学構成員及び他者の有する知的所有権,財産権を尊重する。
(3)利用する情報システムや通信ネットワークに関する法規・規約・慣習などを尊重する。
(Webページの掲載・更新等手続き)
3.本学諸規定に定められた組織(以下「学内組織」という。)が,新規作成したWebページを掲載あるいは既掲載Webページを更新・廃止(以下「掲載等」という。)する場合は,学内組織において承認を得た上で要項第3項第2号に定める掲載責任者が,総務課広報係(以下「広報係」という。)に公式Webサイトへの掲載等の依頼を行う。
  広報係は,掲載等の依頼を受け当該作業を行う。但し,当該依頼事項が要項第3項第1号に定める広報室が管理する内容である場合は,広報室の承認を得た上で作業を行う。
(著作権等の表示)
4.公式Webサイトの各Webページには,次の事項を表示する。
(1)次に例示するように,著作権に関わる(c)表示を適切に表示しなければならない。
   Copyright (c) 2008
   豊橋技術科学大学広報室
   All rights reserved.
(2)次に例示するように,制作・改訂の日時を適切に表示しなければならない。
   初版作成:200○年○○月○○日
   最終改訂:200○年○月○日
(3)必要に応じて,著作権,第三者による複製(プリントアウト・ダウンロードなど),引用などの使用許諾条件及び免責事項を明示する。
   参考としてトップページの著作権・使用許諾条件・免責事項を以下に記載する。
   本ホームページの著作権・使用許諾条件・免責事項については,各Webページに別の定めがない限り次のとおりとする。
・ 本ホームページのコンテンツは著作権の対象となり,無断で複製や修正,引用,配布することを禁止する。
・ 本ホームページの利用者が,本ホームページの情報を用いて行ういかなる行為についても,本学は一切の責任を負わない。
・ 本ホームページの利用者が,本ホームページの情報によって被ったすべての障害・不利益等に関し,本学は一切の責任を負わない。
(4)次に例示するように,掲載責任者とその連絡先を明示しなければならない。
   記載責任者:広報室/総務課広報係
   Tel  :(0532)44-6506
   Fax  :(0532)44-6509  (いずれかを選択しても可とする。)
   E-mail:kouho@office.tut.ac.jp
(5)第三者が著作権等の各種権利を保有する部分や,個人情報に相当する部分については,掲示・公開の許可を受けた上で,必要に応じて謝辞・許諾表示等をWebページ中に明示する。
(6)必要に応じて,掲載事項に関わる注意事項などを明示する。
(アクセシビリティー)
5.利用者の障害等の有無や利用環境に関係なく,誰もが利用しやすいアクセシブルな情報発信のためWebページ作成・更新にあたって次の事項に配慮する。
(1)必ず満たすべき事項
・ Webページをデザインする際には,インターネットエクスプローラ及びネットスケープナビゲータの両閲覧ソフト(以下「ブラウザ」という。)で表示確認を行う。
・ スタイルシートなしでもそのWebページが表示されることを確認する。
・ Webサイトの内容を音声で読み上げるソフトを使っている利用者のために,フレーム使用Webページや画像等にはその内容を表すテキスト情報(alt属性)をつける。
・ ファイル名にはスペースを使用しない。
・ 全てのWebページにタイトルを付ける。
・ 機種依存文字は使用しない。
・ 色によって重要な情報が表示されている場合には,色以外の方法でもその情報を提示する配慮をする。
・ 画面全体を点滅させない。
・ FlashやJavaスクリプト等のプログラムが動作しない設定,環境であってもそのWebページが利用できるように配慮するか,テキストによるWebページを別途作成し,同じ情報を提供できるように配慮する。
・ 全てのWebページで,トップページ及びひとつ上の階層や前のページに移動できるようにする。
・ 個人情報を収集する際には,第三者による不正アクセスを防止する安全策を講ずる。
(2)できる限り満たすべき事項
・ 通信速度環境により画面表示が遅くならないようファイル容量を可能な限り小さくする。
・ フレームの使用は最低限とする。
・ 文字が見づらくならないようにテキストの色と背景に明確なコントラストを出す。
・ 利用者が自由に文字の大きさを変更できるよう,文字の大きさを固定しない。
・ 動画や音声を使用する場合には,できる限りテキスト字幕などを併用する。
(公式Webサイトからのリンク設定)
6.公式Webサイトからのリンク設定について次のように定める。
(1)対象Webサイトは,次のいずれかとする。
・ 学内各Webサイト
・ 官公庁,教育機関のWebサイト
・ 各地方公共団体のWebサイト
・ 公的団体のWebサイト
・ その他広報室が適切と認めるWebサイト
(2)要項第5項各号に定める情報を含むWebサイトへのリンクを禁止する。
(3)学内組織がWebページを新規作成あるいは更新する際に,他Webサイトへのリンクを設定する場合は,必ず事前にリンク先のWebサイトの管理者が指示する手続きによる承認を得る。
(4)公式Webサイトからの新規リンク設定・設定削除等を希望する他Webサイトの管理者は,別紙1「豊橋技術科学大学公式Webサイトリンク申請書」を広報室長に提出する。(ただし,前号の手続きに基づく場合は除く。)
(5)広報室長は,前号の申請があった場合には速やかに審査を行い,リンクの可否について申請者に回答する。
(6)本項第1号及び第2号に反する事項が判明した場合には,広報室においてリンクを解除することがある。
(7)リンクの可否及びリンクを設定したWebサイトにより発生したすべての障害・不利益等に関し,本学は一切の責任を負わない。
(8)リンクしたWebサイトにおける著作権,責任等については,そのWebサイトの管理者等に帰属するものとし,内容について本学は一切の責任を負わない。
(9)本項の内容は,公式Webサイトに明記する。
(公式Webサイトへのリンク設定)
7.公式Webサイトへのリンク設定について次のように定める。
(1)要項第5項各号に定める情報を含むWebサイトからのリンクでない限り原則として自由とするが,設定者に対しリンク元のURLについて,広報室宛の通知を求める。
(2)リンク先は,原則として公式Webサイトのトップページとする。
(3)本学の都合によるWebページ等の移動,消去,改変等により発生したすべての障害・不利益等に関し,本学は一切の責任を負わない。
(4)本項の内容は,公式Webサイトに明記する。
(定期検査)
8.広報室は,要項及びこのガイドラインの規定を実現するために学内外からの利用者の意見を収集するとともに,要項第3第3項に基づき定期検査を別紙2「公式Webサイト定期検査フロー」のとおり実施する。
 
附 記
 このガイドラインは,平成16年4月1日から実施する。
附 記(平成17年3月18日)
 このガイドラインは,平成17年4月1日から実施する。
附 記(平成20年3月26日)
 このガイドラインは,平成20年4月1日から実施する
 
images
 
images