国立大学法人豊橋技術科学大学経営協議会の学外委員の選考方針

トップページに戻る
最上位 > 第2章 組織・運営
国立大学法人豊橋技術科学大学経営協議会の学外委員の選考方針
2021(令和3)年7月13日
経営協議会は,国立大学法人の業務の成果を最大化できる経営を実現するため,多様な関係者から幅広い意見を聴き,その知見を積極的に法人経営に活かすための会議体であり,その役割を踏まえ,以下の観点で学外委員を選考しています。
 
○大学に関し広くかつ高い識見を有する者であって,産業界,教育界,地方自治体,卒業生及び有識者等から人材を求め,本学の経営に対して様々な観点からご意見をいただける方。
 
 ・産業界(企業経営に深い知見を有する者)
 ・教育界(高等教育に精通する者)
 ・地方自治体(地方自治体における政策に高い識見を有する者)
 ・卒業生(国内外の多様な職場で活躍し,多くの経験や情報を有する者)
 ・その他(本学の基本理念等に関わる高度な専門的知見や豊富な経験等を有する者)