豊橋技術科学大学大学・高専連携型グローバルAIイノベーションフェローシップ研究力向上支援室要項

トップページに戻る
最上位 > 第2章 組織・運営
豊橋技術科学大学大学・高専連携型グローバルAIイノベーションフェローシップ研究力向上支援室要項
(令和3(2021)年3月18日制定)
(趣旨)
第1条 この要項は,豊橋技術科学大学大学・高専連携型グローバルAIイノベーションフェローシップTUT-DCフェローシップ推進本部規程第7条第2項により,研究力向上支援室に関し必要な事項を定めるものとする。
(組織)
第2条 研究力向上支援室は,次の各号に掲げる室員をもって構成する。
(1)TUT-DCフェローシップ推進本部長が指名した副学長 1名
(2)TUT-DCフェローシップ推進本部長が指名した本学教員 若干名
(3)その他,研究力向上支援室長が必要と認める者
2 前項に規定する者のほか,学長が委嘱する有識者若干名を加えることができる。
(任期)
第3条 前条第2号及び第3号の室員の任期は,原則2年とする。ただし,再任を妨げない。
2 室員に欠員が生じた場合の補欠室員の任期は,前任者の残任期間とする。
(室長等)
第4条 研究力向上支援室に室長を置き,第2条第1号の室員をもって充てる。
2 研究力向上支援室に副室長を置き,室長が指名する室員をもって充てる。
3 副室長は室長を補佐し,室長に事故があるとき,又は室長が欠けたときは,その職務を代行する。
(研究力向上支援室の業務)
第5条 研究力向上支援室は,次の各号に掲げる業務を行う。
(1)研究力の高度化に関する取組
(2)課題解決力の高度化に関する取組
(3)フェローシップ研究費案及びフェローシップ支援学生の義務の履行状況の確認に関する取組
(4)その他研究力向上に関する取組
(研究力向上支援室会議)
第6条 研究力向上支援室に,研究力向上支援室の業務を円滑に実施するため,研究力向上支援室会議を置き,必要に応じて開催するものとする。
(研究力向上支援室の管理運営)
第7条 研究力向上支援室の運営は,室長が行う。
(事務)
第8条 研究力向上支援室に関する事務は,研究支援課及び教務課が連携して行う。
(要項の改廃)
第9条 この要項の改廃は,TUT-DCフェローシップ推進本部会議の議を経て学長が行う。
(その他)
第10条 この要項に定めるもののほか,研究力向上支援室の運営に関し必要な事項は,研究力向上支援室長が別に定める。
 
附 記
1 この要項は,令和3(2021)年3月18日から実施し,令和3(2021)年3月5日から適用する。
2 この要項施行後,最初に任命される第2条第2号及び第3号の委員の任期は,第3条の規定に関わらず令和4(2022)年3月31日までとする。