豊橋技術科学大学大学院博士課程教育リーディングプログラム博士後期課程実務訓練に係る旅費支給の取扱いについて

トップページに戻る
最上位 > 第6章 教務
豊橋技術科学大学大学院博士課程教育リーディングプログラム博士後期課程実務訓練に係る旅費支給の取扱いについて
(平成28年9月15日制定)
第1条 趣旨
  豊橋技術科学大学大学院博士課程教育リーディングプログラムにおけるプログラム履修生が博士後期課程実務訓練のために旅行する場合の旅費支給の取扱いについては,国立大学法人豊橋技術科学大学旅費規程(平成26年度規程第42号。以下「規程」という。)及び国立大学法人豊橋技術科学大学旅費細則(平成26年度細則第9号)に定めるもののほか,この取扱いによるものとする。
第2条 日当及び宿泊料の額
  原則,日当及び宿泊料は支給しない。ただし,教育研究費から日当及び宿泊料として別表1及び2の定額を上限として支給することができる。また,リーディングプログラム推進室長が特別に認めたプログラム履修生については,リーディングプログラム推進室長が別に定める総額を上限として,日当及び宿泊料として別表1及び2の定額を支給する。
 
附 記
 この取扱いは,平成28年10月1日から実施する。
附 記(平成30年10月17日)
 この取扱は,平成30年10月17日から実施する。
附 記(令和2年(2020)年5月28日)
 この取扱は,令和2(2020)年5月28日から実施し,令和2(2020)年4月1日から適用する。