教員のFD活動に関する要項

トップページに戻る
最上位 > 第6章 教務
教員のFD活動に関する要項
20.3.27 教育制度委員会決定
1.FD活動の目的
  FD活動とは,教員が各自の担当する授業等の教育活動について,教育内容と教育方法を研究し改善のための工夫を行うことと定義され,豊橋技術科学大学の教育理念及び教育目標に基づき,教員が主体的に行う教育活動の改善に資することを目的とする。
  総ての教員は,FD活動を積極的に推進し,教育の質を高めるよう常時努力することを責務とする。
2.FD活動の組織的取り組み
  教育制度委員会に教育評価・改善部会を置き,本学におけるFD活動を推進するための次の諸活動を所掌する。
(1)授業評価アンケートの実施等
  学生による授業評価アンケートの実施ならびにアンケート結果の分析及び調査項目・方法の改善等を行うものとする。
(2)新任教員に対する研修会の実施
  教務委員会委員長または副委員長に委託し,新任教員に対し研修会を実施するものとする。
(3)FD講演会等の実施
  全学対象のFD講演会,FD研修会及びシンポジウムを実施する。
  なお,教員は,これらの講演会等に原則として出席するものとする。
(4)FD活動に関する広報等
   FD活動報告書を発行するなど,FD活動に関する広報を行うものとする。
(5)教育効果の分析と教育方法の改善の推進
① 授業参観の実施
  教育制度委員会委員長,副委員長,教育評価・改善部会委員ならびにその他学長が指名する者は,随時授業参観を行い,必要に応じて改善を勧告するものとする。
② 教育効果の分析と報告
  授業アンケート,教員が提出する自己点検報告書の教育改善に関する報告内容など教育改善に関する効果を分析し,教育改善に関する提言を行い,FD報告書において 報告しなければならない。
③ 学長表彰候補者の推薦
  優れた教育取り組み例の中から,優秀教員を選考し学長表彰候補者として推薦することができる。
3.教員個人のFD活動の取り組み
(1)教員は,学生による授業評価アンケート結果ならびに授業参観による教育方法・内容に関する評価などを参考に自ら工夫して,教育改善に関するPlan, Do, Check, Action(いわゆるPDCA )サイクル構築に努めるとともに,そのFD活動の内容を自己点検報告書に記載しなければならない。
(2)自己の教育改善に資する学内外の研修に積極的に参加しなければならない。
4.他委員会との連携
  教育制度委員会は,教務委員会と連携して組織的な教育改善に努めるものとする。