豊橋技術科学大学エレクトロニクス先端融合研究所規則

トップページに戻る
最上位 > 第2章 組織・運営
豊橋技術科学大学エレクトロニクス先端融合研究所規則
(平成22年9月22日規則第1号)
(趣旨)
第1条 この規則は,豊橋技術科学大学学則(昭和53年4月1日制定。)第5条第2項の規定に基づき,エレクトロニクス先端融合研究所(以下「研究所」という。)に関し,必要な事項を定める。
(目的)
第2条 研究所は,スマートセンシング技術並びにナノフォトニクス情報テクノロジーを基盤とした「エレクトロニクス革新技術」と,ロボティクス,情報通信,ライフサイエンス,農業工学,環境,防災等の先端的応用分野との融合研究を発展させることを目的とする。
(研究分野)
第3条 研究所に,別表に定める研究分野を置く。
(附属研究施設)
第4条 研究所に,基盤技術の研究開発等を行う附属研究施設として,ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーを置く。
2 附属研究施設の組織及び運営に関し必要な事項は,別に定める。
(組織)
第5条 研究所に次の職員を置く。
(1)所長
(2)副所長
(3)教育職員
(4)その他職員
(所長及び副所長)
第6条 所長は,学長が任命する。
2 副所長は学長が任命し,所長を補佐する。
3 所長及び副所長の任期は2年とする。ただし,再任を妨げない。
4 所長及び副所長が任期満了前に辞任し,又は欠員となった場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
(研究分野リーダー)
第7条 別表に定める研究分野に研究分野リーダーを置く。
2 研究分野リーダーは,研究分野の業務をつかさどる。
3 研究分野リーダーは,研究所所属教員(専任又は兼務)より所長が定める。
4 研究分野リーダーの任期は2年とする。ただし,再任は妨げない。
5 研究分野リーダーが任期満了前に辞任し,又は欠員となった場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。
(寄附研究部門又は共同研究部門)
第8条 研究所に寄附研究部門又は共同研究部門を設けることができる。
2 前項の寄附研究部門又は共同研究部門に関し必要な事項は,別に定める。
(研究所会議)  
第9条 研究所に,研究所の業務を円滑に実施するため,エレクトロニクス先端融合研究所会議(以下「研究所会議」という。)を置き,必要に応じて開催するものとする。
2 前項の研究所会議は,研究所長が指名するものをもって構成するものとする。
(管理運営)
第10条 研究所の管理及び運営は,所長が行う。
(事務)
第11条 研究所に関する事務は,研究推進・社会連携課において処理する。
(規則の改廃)
第12条 この規則の改廃は,国立大学法人豊橋技術科学大学の規則の種類及び制定等に関する規程(平成16年規程第1号)の規定により,教授会,教育研究評議会及び経営協議会の議を経て学長が行う。
(その他)
第13条 この規則に定めるもののほか,研究所に関し必要な事項は,別に定める。
 
附 則
1 この規則は,平成22年10月1日から施行する。
2 部門長の任期の終期が,部門長を任命した学長の任期を超える場合の任期の終期は,第8条第4項の規定にかかわらず学長の任期の終期と同一とする。
附 則(平成23年度規則第6号(平成24年3月19日))
 この規則は,平成24年4月1日から施行する。
附 則(平成25年度規則第10号(平成26年3月18日)) 
 この規則は,平成26年4月1日から施行する。 
附 則(平成27年度規則第17号(平成28年3月14日)) 
 この規程は,平成28年4月1日から施行する。 
附 則(平成28年度規則第4号(平成29年3月17日)) 
 この規則は,平成29年4月1日から施行する。ただし,改正後の第7条第1項の規定は,平成28年4月1日から適用する。
附 則(平成30年度規則第5号(平成31年3月19日)) 
 この規則は,平成31年3月19日から施行する。
附 則(平成30年度規則第6号(平成31年3月19日)) 
 この規則は,平成31年4月1日から施行する。 
附 則(令和元(2019)年度規則第6号(令和2(2020)年3月19日)) 
 この規則は,令和2(2020)年4月1日から施行する。
附 則(令和3(2021)年度規則第15号(令和4(2022)年3月30日)) 
 この規則は,令和4(2022)年度4月1日から施行する。