国立大学法人豊橋技術科学大学物品検収室設置要項

トップページに戻る
最上位 > 第9章 財務・会計
国立大学法人豊橋技術科学大学物品検収室設置要項
(平成19年3月28日制定)
(趣旨)
第1 この要項は,国立大学法人豊橋技術科学大学(以下「本法人」という。)が設置する物品検収室に関し,必要な事項を定める。
(目的)
第2 物品検収室は,物品購入における納品事実の確認を行うとともに,研究費の不正使用の防止を図ることを目的とする。
(組織)
第3 物品検収室は,次の各号に掲げる者をもって構成する。
(1)室長    会計課長
(2)室長補佐  会計課副課長
(3)室員    契約担当役が指名する者 若干名
(業務)
第4 物品検収室の業務の範囲は,次の各号のいずれかにも該当する物品の検収とする。
(1)物品購入における納品事実の確認に関すること。
(2)その他契約担当役が必要と認める検収業務に関すること。
(室長等の職務)
第5 室長,室長補佐及び室員の職務は,次の各号のとおりとする。
(1)室長は,物品検収室の業務を統括する。
(2)室長補佐は,室長の業務を補佐する。
(3)室員は,国立大学法人豊橋技術科学大学会計機関の補助者の職名指定及び事務の範囲を定める細則(平成16年度細則第30号)別表1(第2条関係)の「別に定める職員」に該当するものとし,物品検収室の事務を処理する。
2 室長は,物品検収の実施等にあたり,必要と認めたときは,契約担当役の承認を得て,室員以外の本法人職員を検収担当補助者として指名することができる。
(雑則)
第6 この要項に定めるもののほか,物品検収室に関し必要な事項は,契約担当役が別に定める。
 
附 記
 この要項は,平成19年4月1日から実施する。
附 記(平成20年3月26日)
 この要項は,平成20年4月1日から実施する。