豊橋技術科学大学優秀学生支援制度(博士後期課程学生を除く)の実施に係る経済的支援及び入学料及び授業料免除等の取扱要領

トップページに戻る
最上位 > 第7章 厚生補導
豊橋技術科学大学優秀学生支援制度(博士後期課程学生を除く)の実施に係る経済的支援及び入学料及び授業料免除等の取扱要領
(平成24年3月26日 卓越した技術科学者養成プログラム
見直しワーキンググループ会議)
(趣旨)
第1条 この要領は,豊橋技術科学大学優秀学生支援制度に関する規程(平成24年3月26日規程第39号,以下「規程」という。)第8条に基づき,規程第2条第1号から第5号に定めるプログラムの経済的支援及び入学料免除(以下「支援」という。)の取扱いについて,必要な事項を定める。
(支援対象者)
第2条 博士後期課程学生以外の支援対象者は,次のとおりとする。
(1)規程第2条第1号に定める第1年次入学の支援対象者は,第1年次入試で合格した成績優秀な者とする。
(2)規程第2条第2号に定める第3年次入学の支援対象者は,第3年次推薦入試で合格した者のうち,支援を希望する優秀な者とする。
(3)規程第2条第3号に定める博士前期課程学内進学の支援対象者は,成績優秀な博士前期課程学内進学者とする。
(4)規程第2条第4号及び第5号に定める在学生の支援対象者は,本学に在籍する学部及び博士前期課程の成績優秀な学生(研究生,科目等履修生として入学する者を除く。)とする。
(支援内容)
第3条 支援内容は,次のとおりとする。
(1)前条第1号及び第2号に対する支援内容は,奨学金による支援とし,詳細は別に定める。
(2)前条第3号に対する支援内容は,入学料の全額免除とする。
(3)前条第4号に対する支援内容は,リサーチ・アシスタントへの採用または奨学金により,授業料半額免除相当額を支援する。 
(選考機関及び許可)
第4条 支援対象者の選考及び許可は,優秀学生支援制度委員会(以下「制度委員会」という。)の議を経て学長が許可する。ただし,第2条第1号に規定する支援対象者の選考については,制度委員会の議を要しない。
(許可の取消し)
第5条 前条により免除を許可された者が,学則第57条による懲戒処分又はそれに準ずる行為をした場合は,制度委員会の議を経て学長が取消すことができる。
(事務)
第6条 この要領に定める支援に関する事務は,学生課が業務内容に応じて各課の協力を得て行う。
(その他)
第7条 この要領に定めるもののほか,この要領の実施に必要な事項は,豊橋技術科学大学優秀学生支援制度委員会が別に定める。
 
附 記
 この要領は,平成24年4月1日から実施する。
附 記(平成25年3月25日)
 この要領は,平成25年4月1日から実施する。ただし,第2条第3項の規定は,平成26年4月に博士前期課程に学内進学する者から適用する。
附 記(平成27年1月21日)
 この要領は,平成27年4月1日から実施する。
附 記(平成28年3月9日) 
 この要領は,平成28年4月1日から実施する。
附 記(平成31年3月20日)
 この要領は,平成31年4月1日から実施する。 
附 記(令和2(2020)年3月13日)
1 この要領は,令和2(2020)年4月1日から実施する。
2 令和元(2019)年度に改正前の規程第2条第3号のプログラムに採用されている学生は,改正後の要領に関わらず,改正前の要領第3条第2号による支援を受けることができる。