豊橋技術科学大学日本学生支援機構奨学金返還免除候補者選考規程

トップページに戻る
最上位 > 第7章 厚生補導
豊橋技術科学大学日本学生支援機構奨学金返還免除候補者選考規程
(平成17年2月9日規程第133号)
(趣旨)
第1条 独立行政法人日本学生支援機構奨学規程(平成16年規程第16号。以下「奨学規程」という。)第46条に規定する独立行政法人日本学生支援機構大学院第一種奨学生(以下「奨学生」という。)の奨学金返還免除候補者(以下「候補者」という。)の選考に関し,必要な事項を定める。
(候補者の対象)
第2条 候補者の対象は,豊橋技術科学大学の奨学生で当該年度中に貸与期間が終了する者のうち,大学院における教育研究活動等に関する業績及び専攻分野に関連した学外における教育研究活動等に関する業績が特に優れていると認められる者とする。
(委員会の設置)
第3条 候補者の選考を行うため,独立行政法人日本学生支援機構に関する省令(平成16年3月31日文部科学省令第23号)第35条の規定に基づき,豊橋技術科学大学日本学生支援機構奨学金返還免除候補者選考委員会(以下「委員会」という。)を置く。
2 委員会の組織及び運営に関し必要な事項は,別に定める。
(候補者の選考)
第4条 奨学金返還免除を希望する者(以下「申請者」という。)は,所定の申請書類を所属する専攻の系長に提出するものとする。
2 系長は,奨学規程第47条第2項に基づき,学内外における業績を総合的に評価の上,申請者に順位を付して,委員会に提出するものとする。
3 委員会は,別に定める選考基準に基づき専攻から提出された候補者の選考及び推薦順位を決定するものとする。
(推薦者の決定)
第5条 学長は,委員会の議に基づいて,推薦者を決定する。
(推薦の取消し等)
第6条 推薦者で,学則第57条による懲戒処分を受けた場合又は申請について虚偽の事実が判明した場合は委員会の議を経て,学長がこれを取り消す。
2 前項の規定により推薦を取消した場合は,速やかに候補者の次点の者を推薦する。
(候補者の選考及び推薦に係る事務)
第7条 候補者の選考及び推薦に係る事務は,学生課で行う。
(規程の改廃)
第8条 この規程の改廃は,国立大学法人豊橋技術科学大学の規則の種類及び制定等に関する規程(平成16年度規程第1号)の規定により,教授会の議を経て学長が行う。
(雑則)
第9条 この規程に定めるもののほか,この規程の実施に必要な事項は,別に定める。
 
附 則
 この規程は,平成17年2月9日から施行する。
附 則(平成19年度規程第92号(平成20年3月26日))
 この規程は,平成20年4月1日から施行する。
附 則(令和3(2021)年度規程第91号(令和4(2022)年3月31日)) 
 この規程は,令和4(2022)年4月1日から施行する。