豊橋技術科学大学国際交流会館細則

トップページに戻る
最上位 > 第7章 厚生補導
豊橋技術科学大学国際交流会館細則
(平成16年度細則第29号)
(趣旨)
第1条 この細則は,豊橋技術科学大学国際交流会館規程(平成16年度規程第95号。以下「規程」という。)第18条の規定に基づき,豊橋技術科学大学国際交流会館(以下「会館」という。)の運営に関し必要な事項を定める。
(入居の願い出)
第2条 規程第7条の規定により入居を願い出るときは,原則として入居を希望する日の1月前までに入居願(別記様式第1号)を提出するものとする。
(入居の許可)
第3条 入居の許可は,館長が行い,入居を許可したときは,入居許可書(別記様式第2号)を交付する。
(入居手続)
第4条 入居を許可された者は,規程第8条第1項の規定による誓約書(別記様式第3号)を入居許可期間の初めの日の前日までに提出しなければならない。
2 入居を許可された者は,入居許可期間の初めの日から10日以内に入居しなければならない。ただし,特別の事由があると認められたときは,この限りでない。
3 入居したときは,入居届(別記様式第4号)を直ちに館長に提出しなければならない。
(入居期間の延長)
第5条 入居許可期間満了後も引き続き入居を希望する者は,入期間延長願(別記様式第5号)を原則として入居許可期間の最終日の1月前までに提出し,館長の許可を受けなければならない。
2 入居期間の延長を許可したときは,入居期間延長許可書(別記様式第6号)を交付する。
(寄宿料)
第6条 規程第11条第1項に規定する留学生等の寄宿料は,国立大学法人豊橋技術科学大学における授業料等に関する規程(平成16年度規程第75号)に定める額とする。
2 前項に定める寄宿料は,毎月20日までにその月分を納入しなければならない。ただし,入居期間の初めの日の属する月及び退居した日の属する月の寄宿料の納入期限については別に定める。
(使用料)
第7条 規程第11条第1項に規定する研究者の使用料は,国家公務員宿舎法(昭和24年法律第117号)その他の関係法令を準用し算定するものとする。
(光熱水料等)
第8条 規程第11条第3項に規定する光熱水料等は,次の各号に定めるとおりとする。
(1)入居者の私生活に必要な電気・ガス・水道その他の経費
イ 居室の専用メ-タ-による使用料
ロ 前号以外の均等割経費
(2)入居保証金
(3)会館の運営に必要な共益費
(4)銀行口座振替手数料
(退居手続)
第9条 規程第14条の規定により退居しようとするときは,原則として1月前までに退居届(別記様式第7号)を提出しなければならない。
(退居命令)
第10条 規程第15条による退居命令は,館長が交付する退居命令書(別記様式第8号)により行う。
(集会・行事等)
第11条 規程第16条による集会・行事届(別記様式第9号)は,集会,行事等を行おうとする3日前までに提出しなければならない。
(入居者以外の者の宿泊禁止)
第12条 会館には入居者以外の者を宿泊させてはならない。ただし,館長が特に必要と認めたときは,この限りでない。
 
附 則
1 この細則は,平成16年4月1日から施行する。
2 豊橋技術科学大学国際交流会館細則(昭和58年3月23日制定)は,廃止する。
 
images
 
images
 
images
 
images
 
images
 
images
 
images
 
images
 
images