廊下等の安全管理要領

トップページに戻る
最上位 > 第5章 人事・労務 > 第5節 安全管理等
廊下等の安全管理要領
(平成17年2月23日安全衛生委員会)
(趣旨)
第1条 この要領は,国立大学法人豊橋技術科学大学安全衛生管理規程(平成16年度規程第54号。以下「安全衛生管理規程」という。)第17条の規定に基づき,通常時における通行の支障に基づく事故の発生を予防するとともに,地震,火災,その他災害発生時(以下「災害発生時」という。)における通行の避難障害を未然に防止するため,不特定多数の者が利用する共通的使用施設である廊下,屋内階段,屋外非常階段及びその踊り場(以下「廊下等」という。)の安全管理に関する必要な事項を定める。
(通行障害の防止)
第2条 廊下等は,ロッカー,机,棚その他通行に支障となる物品を置いてはならない。
(指定場所)
第3条 安全衛生管理規程第9条に規定する安全衛生管理者から申請があり,国立大学法人豊橋技術科学大学安全衛生委員会(以下「安全衛生委員会」という。)の議を経て承認された廊下等の場所(以下「指定場所」という。)には,申請した物品を置くことができる。
2 前項に定める指定場所には,次に掲げる措置をしなければならない。
(1)白色の表示テープで区画し,容易に識別できる状態とする。
(2)管理責任者を定め,当該管理責任者の氏名及び連絡先を表示する。
(3)指定場所に物品を置く場合は,必要に応じ転倒防止措置を行う。なお,台車等を置く場合は,車輪止め等を行う。
3 次に掲げる場所は,第1項の指定場所とすることができない。
(1)物品(壁面の表示板,掲示物(以下「表示板等」という。)を含む。)により有効通路幅が確保できない場所
(2)屋内消火栓,消火器の設置場所周辺2m以内
(3)屋内階段,屋外非常階段及びその踊り場
(4)防火戸及び防火シャッターの開閉に支障を及ぼす範囲
(5)電気シャフト及び配管シャフトの扉の開閉や点検に支障を及ぼす範囲
(6)分電盤扉の開閉や点検に支障を及ぼす範囲
(廊下等の安全管理)
第4条 廊下等の壁面に表示板等を取り付ける場合は,当該表示板等が落下しないよう堅牢に固定しなければならない。なお,表示板等の廊下側への出面は,床面から1.8m以内の高さにおいて20cm以下とする。
2 電源配線,情報・通信配線及び配管等を付設する場合は,あらかじめ施設課と協議し,たるみ,落下等が生じない構造にしなければならない。
3 廊下等は,適切な照度を確保しなければならない。
4 廊下等は,物品を立てかけてはならない。
(要領の改廃)
第5条 この要領の改廃は,安全衛生委員会の議を経て学長が行う。
(その他)
第6条 この要領に定めるもののほか,廊下等の安全管理に関し,必要な事項は,安全衛生委員会が別に定める。
 
附 記
 この要領は,平成17年4月1日から実施する。
附 記(平成19年3月28日)
 この要領は,平成19年4月1日から実施する。
附 記(平成21年3月19日)
 この要領は,平成21年4月1日から実施する。